「Rigged Out/fitters」デザイナー パリサ・パルニアン

By Yuki Keiser 2006.11


Rigged Out/fitters

3. 『Lの世界』とのコラボについて

Profile: パリサ・パルニアン
Parisa Parnian 1972年イラン首都テヘラン生まれ、アメリカ・アリゾナ育ち。ニューヨークのParsons School of Designでファッション・デザインを学んだ後、数々のアパレル会社に勤め、2004年に自身のブランド「Rigged Out/fitters(リグド・アウトフィッターズ)」を設立。アメリカのレズビアン・ヒットドラマ「The L word」でも使用され、現在クィア・シーンで最も注目を浴びている洋服ブランド。

――「リグド」のフォトシュートでゲイ男性のモデルが洋服を着用しているのを見たんだけど。リグドはゲイ男性にも人気あるの?

うん、人気あるわよ。 ウェブサイトにはゲイの男性モデルが1人いるの。彼みたいなタイプのゲイにはこの服のラインがすごく合うのよ。「レディキラー」って書いてあるポロシャツを着るのが好きなゲイ男性もとても多いし。皮肉だから面白いと思っているの!

Rigged Out/fitters

――想像つく! 実際、ドラマ「Lの世界」のシーズン3の中で、俳優アラン・カミングがリグドを着用しているよね? すごく似合っている。「Lの世界」とのコラボレーションの経緯は?

「Lの世界」が『ベルベットパーク』誌の表紙の時に、リグドのファッション・シューティングを載せたの。そしたら、ドラマのスタイリストがそれを見て電話してきたの。(※『ベルベットパーク』は、米のレズビアン季刊誌 www.velvetparkmagazine.com

Lの世界
※『Lの世界』シーズン3でカルメンがリグドの「Thirsty Mermaid」Tシャツを着用。

――彼らのためにわざわざ服をデザインしたの?

そう。まずスタイリストと一緒に女優達と一週間過ごしたの。ワクワクしたわ、みんなとてもフレンドリーだった。そして、ニューヨークに戻って色んな服をクリエイトしたの。2週間に一回くらいのペースでキャラクターのイメージに基づいた服をスタイリストに一箱送っていたの。沢山購入してもらったわ!

――どのキャラクターのためにデザインするのが一番楽しかった?

マックス演じるダニエラ・シーのが一番やりがいがあった。彼女は実際に友達だしね。彼女のキャラクターはトランスジェンダーだから、彼女のためにデザインするのはとても誇り高かったわ。あとはアラン・カミングに服を着せるのもとてもエンジョイした。アランは、ものすごい格好いいの! そうそう、シーズン3の彼こそ「クィア&ダーティ」よ!! 彼のキャラクターはまさに自分が想像する「クィア&ダーティ」。

Lの世界
※アラン・カミング演じるビリーも「Lady Killer」を着用し、話題に。

――なるほど、わかる! そうね、私もマックスとビリーがセックスするシーンは好きだった。(※シーズン3のエピソード7のシーン。女性の体を持つトランスジェンダーのマックスがシリコンのペニスを使用し、ゲイであるビリーとセックスをする。)

あー、もう大好き! 多分私も一番好きなシーン! ホットだわ。これこそが「クィア&ダーティ」のコンセプトの世界。レズビアンじゃない、クィア…で、ダーティ‥で、「いったい何これ~?!」みたいな(笑)。まさにこれが私のインスピレーション・ソースね。


[ 1 ][ 2 ][ 3 ]