『Lの世界』クリエーター、アイリーン・チェイケン

By Yuki Keiser 2006.03


Lの世界/アイリーン・チェイケン

3. 登場人物はレズビアンである前に女性

Profile: アイリーン・チェイケン
LAのレズビアンの日常を描いた米ケーブルTVショータイムのヒットテレビシリーズ、『Lの世界(邦題)』『the L word(原題)』(2006年GLAADメディア賞で最優秀ドラマシリーズ賞を受賞)の産みの親ともいえるディレクター兼プロデューサー。現在LAで11歳になる双子の娘たちと暮らしている。


――『Lの世界』の中ではブッシュ本人やキリスト教原理主義の人々を直接的に批判していますよね。それについて反対の声はありましたか?

私が知っている限りではないです。あったかもしれないけれど、もともと色々言われたり書かれたりしているから、今となってはあまり気にしないようにしているの。聞きはじめたら気が狂っちゃうわよね(笑)。だから私はストーリーを伝えるほうに集中して、反対意見の人の反応はあまり気にしないようにしています。

――『Lの世界』はどんな風にレズビアンの人生を変えたと思いますか?

『Lの世界』のリアルなレズビアン・ライフスタイルを自分の生活に反映させ、自分自身を解き放つ勇気を与えたと思います。実際ドラマのファッショナブルなレズビアンを見て真似る人も増えているみたいですよ。

――ストレートの視聴者の反応はいかがですか?

ストレートのファンは沢山います。とくに女性。なぜなら、この番組はレズビアンだけではなく、女性のドラマだから。登場人物はレズビアンの前に女性ですからね。多くのストレートの女性からも大きな反響や支持をいただいています。

――ストレートの男性も観ていると聞きましたが。

はい、たくさんの男性も観ていると聞いています。いろんな理由で。(笑)

――(笑)はい。

でも一番うれしいのは、最初はセクシーだと思って見始めた男性もストーリーやキャラクターが好きになって見続けているというケースですね。

――今の時代、レズビアンでいることは楽だと思いますか?

それはどこに住んでいるかによりますが、けっして楽だとはいえません。まだゲイでいることが難しい社会ですし、異性愛者と同等の権利も獲得していません。まだこの先にはたくさんの戦いがあると言えます。だから「レズビアンでいることは、たいしたことじゃない」とは言えないですね。

――ゲイとレズビアンはどちらが大変だと思いますか?

それも複雑な質問だと思います。男性は女性にない特権を持っています。女性全体はまだかなり抑圧され、社会から疎外されています。ですから大きく言うとレズビアンのほうが大変、なぜなら女性として生きていくほうが厳しい世界だから。でも男性優位主義の文化は、レズビアンよりゲイ男性をより恐れているので、そういった意味ではゲイ男性のほうが受け入れられにくく、大変だと思います。

――LAでお気に入りのクラブやバーはありますか?

(笑)うーん、どこかなぁ。…あまり外に出ないので。でも「ファルコン」(Falcon)は好きですね。

――ドラマの中で「ファルコンに行こう」っていうセリフを聞いたことがあります!

それは私が書いたセリフかも(笑)。LAに実在する場所のほうがいいと思ったので。

――好きなレズビアン映画は?

『High Art』が好きでしたね。とくにレズビアン映画ではなくても、レズビアンとしての視点で好きな映画はたくさんありますが。
(※『High Art』(1998)…駆け出しの編集者とドロップアウトした写真家の関係を描いたラブストーリー)

――最後の質問です。仕事や家庭でカミングアウトできない日本のレズビアンにアドバイスはありますか?

アドバイスできる立場ではないのですが、カミングアウトの奨励はしたいです。カミングアウトできるまで辛抱して自分に合うコミュニティを見つけたりすることが大切だと思います。けして一人で悩むことではないですからね。


[ 1 ] [ 2 ] [ 3 ]

kanrenkiji.jpg
【『Lの世界』ジョイス役ジェーン・リンチ】
『Lの世界』で辛辣な弁護士ジョイス役を好演するジェーン・リンチ。レズビアンとしてもカミングアウトしている彼女への本邦初の直撃インタビュー。
line.gif
【2009年ダイナショア ラインアップ&インタビュー】
1万人ものレズビアンやバイセクシュアル女性が集まる世界最大のレズビアンイベント、ダイナショアのラインアップ&インタビュー
line.gif
【本邦初公開! ダニエラ・シー ロングインタビュー】
米ダイクシーンでアイコン的存在のダニエラ・シーに、ゲイである父や、生い立ち、『Lの世界』での裏話などについて語ってもらった