アウトしているトップモデル、アマンダ・ムーア

By Shauna Swartz article from www.afterellen.com


アマンダ・ムーア

1. 初撮影で男の子のようなスタイリング

「モデルになるためには、ガーリーでキュートじゃなきゃいけないって信じ込んでいたのに、男の子みたいなスタイリングをされるなんて! 誰が想像できた?」と、1999年に 『models.com』 の撮影でアマンダ・ムーアは驚いた。

2度も鼻を折っているフロリダ高校バスケ部のスターで、カミングアウトしている子がいつかイタリアン『VOGUE』 の表紙を飾ったり、グッチのキャット・ウォークに出演するなんて誰が想像できただろうか?

ガーリーでキュートではないけれど、彼女の手足の長さと細さ、彫りの深い顔、目を引く容姿はスーパーモデルになる運命だったとしか思えない。


アマンダ・ムーア

『models.com』 の撮影


アマンダは17歳の時、地元のモデル事務所に行く友人の同行をしていたら、スタッフの目に止まった。気が付くとスポットライトを当てられ、オーランドで予定されていたオーディションに行くよう、強く薦められていた。彼女は行くつもりはなかったが、足をケガし、バスケットの試合や練習に欠場したため、他の種のコンペティションに出場するはめになった。オーディション後、当日家に帰られない場合は会場まで運転してきていたトラックの中で寝ることを予想していたアマンダだが、彼女を見たエージェント達は、契約をサインするよう熱く説得した。その晩、トラックの中ではなく、ホテルの心地よいベッドに寝て、オーランドを出る前には、すでにニューヨークのモデル・エージェンシー『Next』と契約を結んでいた。その後、『models.com』 で彼女の初めての撮影として、男の子のようなスタイリングをされた。正確にいうと、「アーミー・ボーイ」のように。


アマンダ・ムーア

『models.com』 の撮影


ファッション・ページは、アマンダをミリタリー・ルックに男装させ、オール・バックのダークブラウン・ヘアにカモフラージュ・キャップというスタイリングだった。アンドロジナスな容貌の彼女は、コンバット・ブーツにタバコをくわえた、マッチョなルックスを簡単に取り払い、40年代調のグラマラスなルックスにも自由自在にフィットした。


アマンダ・ムーア

左: 『models.com』 の撮影


※この記事は、米レズビアン・エンターテイメントサイト、AfterEllen.comが執筆したものです。
Tokyo Wrestlingは AfterEllen.comより記事提供をうけ、翻訳をしております。
AfterEllen.com の創始者兼編集長のインタビューは、こちら

[ 1 ] [ 2 ] [ 3 ]


kanrenkiji.jpg

【いまをときめくビアン、ルービー・ローズ】
オーストラリアのMTVで人気プレゼンテーターを務め、レズビアンとしてもカミングアウトしているルビー・ローズ
line.gif
【ダイク・スーパーアイコン、ジェニー・シミズ【モデル編】】
モード界とダイクシーンのアイコン的存在、ジェニー・シミズにモデルとしてのキャリアや、ケイト・モスなどについて語ってもらった
line.gif
【『Lの世界』関連記事】
ドラマ『Lの世界』に関するレポートやインタビュー記事