東京のエレクトロパーティ、fancyHIM 2周年記念

By Yuki Keiser October 2007


fancyHIM

1. 東京が誇る最もカッティングエッジなパーティ

東京で最もカッティングエッジといわれるエレクトロパーティfancyHIMが、今年の9月に2周年を迎えた。fancyHIMはエレクトロパーティがまだ東京で盛んではなかった時代から開催されているイベント。今までSpencer ProductやAvenue D、ビヨンセの振り付け師JONTE'、ピュ~ぴる、DJ MONDOなど、数多くの国内外のエッジなアーティストたちを迎え、確実にfancyピープルを生み出し続けながら、最先端を突き進んでいる。
 

fancyHIM/Avenue D

Spencer Product(左) Avenue D(中央&右)

 
感度の高い音楽ライブを提供しつつ、さらに東京ならではの独自のスタイルを貫き、流行に流されないモードでエレクトロパンクなマインドが多くのファンを魅了し続けている。ファッションエディター、スタイリスト、アーティストなど、クリエイティブな人たちが密集していて、JONTE'同様、海外のアーティスト自ら出演の申し込みも頻繁に寄せられるなど、より注目を集めるまさに‘the place to be’的存在なパーティ。
 
fancyHIM/JONTE'

ビヨンセの振り付け師JONTE'(左&中央)

 
つねに斬新な発想や演出で、デザイン性の強いウェブサイトでもfancy独特の感性が醸し出されている。毎回個性あふれるフライヤーなど、ほかとは違うことを提供するのも、コアなファンを獲得した理由のひとつ。
 
fancyHIM/DJ MONDO

つねに奇抜なファッションのDJ MONDO

 
会場の入り口では、fancyBOYSことSHIZUKUとLEOが毎回ユニークでストーリー性のあるルックスで出迎えるなど、fancy流のもてなしも特徴的。また、2周年記念にはレッドカーペットが準備され、fancy常連が優雅で妖艶なファッションで駆けつけた。
 
fancyHIM/LEO&SHIZUKU

fancyBOYSことSHIZUKU(左)とLEO(右)

今回は、2006年11月にfancyHIMでパフォーマンスを行ったデンマーク在住のクィアフレンドリーなアーティストChezDebsにインタビュー。コペンハーゲンの音楽とクィアシーンなどについて貴重な話を伺うことができた。

fancyHIM オフィシャルサイト→ www.fancyhim.com
 

[ 1 ] [ 2 ] [ 3 ]