レズビアンドラマ『Lの世界』、2月より本邦初DVD化!

By Yuki Keiser November 2007


Lの世界

1. 前代未聞のレズビアンドラマが日本上陸!

来年の2月より本邦初DVD化される、レズビアンドラマ『Lの世界』(原題:the L word)。LAが舞台の、登場人物のほとんどがレズビアンという前代未聞のこのドラマは、2004年アメリカで放送されて以来、世界中でレズビアンブームを巻き起こしている。『フラッシュダンス』のジェニファー・ビールスが演じる、今までにない自分のスタイルを貫くLAのグラマラスなレズビアン像を含め、女性同士のラブシーンがあからさまに描かれていることでも大きな話題を集めた。また、脚本家やスタッフの多くがレズビアンであることから、ストーリーのオーセンティック度も高い。多くの女性ファンのハートをキャッチしているこの『Lの世界』は、現在アメリカで5シーズン目を迎えようとしている(2008年1月放送予定)。

★『Lの世界』関連の記事やキャストなどのインタビューは、こちら

★日本のレズビアンについての記事は、左のメニューの「Japan」の下のトピックスをクリック。


日本では2006年1月よりケーブルテレビのみで放送展開しているFOXライフ HDで放送が始まり、多くのファンを魅了している。DVD発売についてはすでに数々の女性誌でも取り上げられており、来年はさらに注目を浴びることだろう。(女性誌に関しては、こちらを参照)

今回、放送局FOXライフ HD(インタビュー1から3)とDVD販売元の20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン(インタビュー4から7)に、日本で放送・販売に踏み切った理由や、日本での反響、人気キャラクターなどについてインタビューを行った。

【放送局FOXライフ HDのインタビュー】

――まず、『Lの世界』を放送された理由を教えてください。

まず、ジェニファー・ビールズを始め、女優たちがファッショナブルで魅力的であると同時に、コンテンツもエッジが効いているので女性向けチャンネルであるFOXライフにぴったりだと思ったからです。

――レズビアンのドラマを日本で放送するにあたって、懸念などはありませんでしたか?

懸念する部分は多少ありましたが、レズビアンというワードを抜かすと、一般の恋愛ドラマと変わりないので、そこまで違和感は感じませんでした。

――視聴者の方からの反響は?

とても人気がありますよ。平均視聴率の約3倍をとっています。

――その人気の理由はなんだと思いますか?

今まで日本で全くなかったテーマということと、地上波ではこのようなコンテンツがないため、珍しかったのではないかと思います。ストーレートの方の興味をそそったのではないでしょうか。

――わざわざ『Lの世界』のために、新たにFOXライフに加入された人がどのぐらいいるかご存知ですか?

この点に関してとくにリサーチをしていないので把握していないのですが、加入者は増えてきています。

――ターゲット層はいかがですか?

FOXライフ自体のターゲット層が、25歳から40歳の女性ですので、このドラマもその層に合わせて編成しております。


●放送…FOXライフ HD www.foxlife.jp
シーズン1 毎週木曜日 21:00 他

●DVD発売元…20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン 
www.foxjapan.com
<レンタル> Vol.1-2 DVDレンタル中
2月16日  Vol.3-5 レンタル開始
3月 7日  Vol.6-7 レンタル開始
シーズン2 Vol.1 レンタル開始
<セルDVD>
◆vol.1 ¥999(税込) 発売中 
◆シーズン1DVDコレクターズBOX  ¥10,290(税込・6枚組)3月7日発売
(C)2008 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved. Distributed by Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC.


 

[ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] [ 6 ] [ 7 ]