TW選・ホットレズビアン・ランキング [List A]

by TW editors February 2008


ホット・レズビアン・リスト

2. 「抱かれたいレズビアン」ランキング10-9位

 

レイシャ・ヘイレー

 
10. レイシャ・ヘイレー (Leisha Hailey)
 
『Lの世界』アリス役でお馴染みの大人気女優。ドラマでは陽気なまとめ役という印象が強い彼女だが、実物は雰囲気・容姿ともにとてもキュート。ナチュラルでシャイな振る舞いが初々しく、フレッシュな魅力が満載。彼女が演じるキャラクター、アリスもシーズンが進むにつれ、人気が高まり、今や海外では『Lの世界』好感度ナンバーワン女優と言っても過言ではない人気ぶり。ちなみに、映画監督のジェイミー・バビットや、スタイリストのレベッカ・ワインベルグもフェイバリットとして彼女を挙げている。
また、ミュージシャンとしての活動も盛んで、いくつかのバンドを経て、現在Uh Huh Her(ウー・フー・ハー)というロックバンドのギターヴォーカルも務めている。曲は『Lの世界』のサウンドトラックにも使用され、ライブには出演女優たちも応援に駆けつけるとか。

 

 

ブッチーズ

 
 
9. ブッチーズ(The Butchies)

レズビアン・フェミニストバンド、ブッチーズ。ボーカルのカイア・ウィルソン(写真左)は格好いいというよりも、チャーミングな典型的ブッチ。えくぼにヤンチャそうな眉毛と振る舞い、かすれた声が可愛く、セクシー。また、イカニモ過ぎる少しダサめなテイストもまた愛らしく、どこかホッとさせるような安心感も。ベーシストのアリソン・マートリュー(写真右)も劣らずボーイッシュで、美しくスィートな顔立ちが魅力的。さらに、コミカルな動きが特徴的なドラマーメリッサ・ヨークと、メンバーのみならず客層までボーイッシュなのが、全体的にダイク度満天で素晴らしい(笑)。

 

 
ここでちょっと余談。実はカイアは、90年代のクィア音楽シーンに君臨した、クィア・パンク・バンド「チーム・ドレッシュ(Team Dresch)」の元創始者のひとりなのも有名。95年にソロ活動に専念するため、バンドを離れたが、その後98年にブッチーズを結成。その他、96年から2004年まで、当時の彼女タミー・ラエ・カーランドと、「ミスター・レディ・レコーズ(Mr.Lady Record)」という、サンフランシスコベースのレズビアン・フェミニスト・レコードレーベル&ビデオアート配給会社を立ち上げ運営。そのレーベルでは、レ・ティグレや、エレクトラレーン(Electrelane)など、米ダイクシーンで有名なそうそうたるアーティストがリリース。2005年にブッチーズは活動を休止しているが、翌年よりチーム・ドレッシュと定期的にライブで再結成も行う。と、そんな活動的なところも彼女の魅力。

 

[ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] [ 6 ] [ 7 ]