『Lの世界』大事典2 ~ドラマのメインキャスト紹介

by TW editors March 2008


Lの世界

4. シーズン2より登場のメインキャラクター
Lの世界/カルメン

■カルメン・デ・ラ・ピカ・モラレス

DJ。アシスタントを務めていたテレビ局でシェーンと出会い、恋に落ちる。

サラ・シャヒ

1980年、テキサス生まれ。父はペルシャ人、母がスペイン人で、19世紀のイラン国王、ファトフ・アリ・シャーの血を引いている。2000年、監督ロバート・アルトマンと出会い、彼の強い薦めでLAに移住。『ドーソン・クリーク』(’03)、『ER 緊急救命室』(’03)、『スーパーナチュラル』(’05)、『ザ・ソプラノズ』(’07)などのテレビシリーズに出演。現在は、『Life』(’07)にレギュラー出演中。最も尊敬する女優はキャサリン・ヘップバーン。


Lの世界/ヘレナ

■ヘレナ・ピーボディ

ピーボディ財団の理事を務める大富豪の娘。お嬢様育ちで、スノッブでお高い半面、シーズンが進むにつれ、じつは純粋で憎めないキャラクターだとわかってくる。ティナに惹かれ、誘惑しようとする。

レイチェル・シェリー

1969年、イギリス生まれ。ロンドンで育つ。シェフィールド大学で演劇の学位を取得。イギリス、米国双方の作品に出演。『ゴースト~天国からのささやき』(’07)などにゲスト出演、また、レズビアンストーリーを含む映画『Gray matters』(’06)にもレズビアン役で出演。同映画のプロデューサーが、『Lの世界』でのヘレナのファンだったため、その作品に出演するようお願いしことで実現したという。『Lの世界』シーズン3に登場するゲスト、アラン・カミングも出演するので、ドラマのファンにはオススメの一作品。
『Lの世界』のキャストの中では、とくにディラン役のアレキサンドラ・ヘディソンと仲良く、ふたりはプライベートでも交流している。休日は、ロンドンで過ごしている。

★TW読者へのビデオメッセージは、こちら


[ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ]