日本のLドラマ事情

by Keiko Goto March 2008


レズビアンドラマ画像

6. 『ラブ・コレ 東京Love Collection』

長い暗黒時代も通り抜け、ようやく2007年に春のフレッシュで爽やかな風を吹かせてくれる作品
『ラブ・コレ東京Love Collection』が登場。

ラブ・コレ画像
(C) USEN CORPORATION


『ラブ・コレ 東京Love Collection』 (2007)

●脚本: 渡辺千穂
●主演: 内山理名、星野真里、松本莉緒、有坂来瞳、青田典子、松尾敏伸
●放送: CS Gyao


20代の3人の女性が恋に仕事に奮闘するコメディタッチのラブストーリー。主人公の内山理名はゲイ男性に恋をして、ルームシェアしている松本莉緒は会社の上司の青田典子演じる山田みどりに猛アタックをうけるも、全く気付かない。

バブル青田こと青田典子の必死のアタックが面白く、レズビアンの間でも大好評。「ねぇ、サウナ行かない!?」と、松本莉緒をしつこくサウナに誘う名台詞など愉快でけなげなキャラクターと、思いっきりコケティッシュな青田の演技も好感を招く。ドラマに登場する、わりとおしゃれなゲイ&レズビアンバーや、主役の男性ゲイカップルも素敵で現代的な作品。そしてなにより、ハッピーエンドなのが良い。


確実に変化してきている日本のLドラマ。アメリカでヒットした海外ドラマをヒントに作られ、話題になった日本の連続テレビドラマは多く、(『Xファイル』→『ケイゾク』、『ER』→『救命病棟24時』、『セックス・アンド・ザ・シティ』→『東京ミチカ』など) 『Lの世界』が大ヒットしている今、今後の日本のテレビドラマに期待が高まる。

[ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] [ 6 ]