『Lの世界』大事典2 ~ドラマのメインキャスト紹介

by TW editors March 2008


Lの世界

2. シーズン1より登場のメインキャラクター
Lの世界デイナ役エリン・ダニエルズ

■デイナ・フェアバンクス

活躍しているプロテニスプレイヤー。仕事柄、唯一レズビアンクローゼットにいるキャラクターで、公の場ではゲイのテニスプレイヤー、ハリソンと恋人のふりをしている。保守的な両親にカミングアウトできないのも悩み。

 
エリン・ダニエルズ

1973年、ミズーリ生まれ。名門女子大ヴァッサー大学で建築学と美術史の学位を獲得している。ニューヨークで女優としてのキャリアをスタートさせた後、LAに移住。その後、TVシリーズを中心に活動。ドラマでは、キャサリン・メーニッヒ、レイシャ・ヘイレー、ミア・カーシュナーと特に仲が良い。

 
エリン、デイナについて

”面白くて、少しまぬけなで、皮肉屋だったり、たまに失礼な面もあるけれど、それは彼女が自分に自信がないから。彼女の少しダサい所も演じるのが大好き。とても繊細で傷つきやすい女性でもある。”


Lの世界マリーナ役カリーナ・ロンバート

■マリーナ・フェレ

 
ロサンゼルスのゲイコミュニティーで人気のカフェ、『プラネット・カフェ』のオーナー。知的でミステリアスな魅力でジェニーを誘惑。イタリア出身という設定からくる、訛りのある英語がチャームポイント。

 
カリーナ・ロンバート

1969年、タヒチ生まれ。幼い頃からスイスなど、ヨーロッパ各地を転々とし、18歳の時にニューヨークに移り、モデルのキャリアをスタート。カルバン・クラインなどのモデルにも抜擢され、トム・クルーズ主演作『ザ・ファーム』(’93)や、ブラット・ピット主演『レジェンド・オブ・フォール 果てしなき想い』などに出演。TVシリーズ『4400』(’05~’06)でのアラーナ役は有名。英語、スペイン語、イタリア語、フランス語、ドイツ語の5カ国語が堪能。

[ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ]