『Lの世界』大事典2 ~ドラマのメインキャスト紹介

by TW editors March 2008


Lの世界

1. 全シーズン登場のメインキャラクター紹介
Lの世界/キャスト


シーズン1より、現在アメリカにて放映中のシーズン5まで出演中のメインキャストを紹介。


Lの世界/ベット役ジェニファー・ビールス

■ベット・ポーター

カリフォルニア・アートセンター(CAC)のディレクターで、バリバリ働く野心旺盛なキャリアウーマン。タフで強気な性格の反面、脆く繊細な一面もある。7年間付き合っているティナとは同棲しセックスレス状態であったが、ふたりで子どもを持とうと決意する。ティナの前に、アリスと少し付き合っていた。キットの異母妹。


ジェニファー・ビールス (Jennifer Beals)

1963年、シカゴ生まれ。イエール大学在学中の1983年に、映画『フラッシュダンス』のオーディションに合格し、主演デビューを飾った。この作品の大ヒットにより、一躍大スターの座を獲得し、その後も映画界を中心に活動。主な主演作は、『イン・ザ・スープ』(’92)や、『呪怨 パンデミック』(’06)などがある。『Lの世界』のベット役は、『フラッシュダンス』のアレックス後の当たり役といわれている。

ドラマのクリエーター、アイリーン・チェイケンはオーディションで女優を起用したが、ジェニファー・ビールスのみ、自ら出演を依頼したことも有名。ジェニファーは、ティナとベット役の選択を与えられ、ベットを選んだ。さらに当初白人の役であった彼女のキャラクターを自身と同様に、黒人とのハーフの設定に変更できるようお願いし、アイリーン・チェイケンがそれを承諾したというエピソードも。

アイリーン・チェイケンにより創始された、ソーシャル・ネットワーキング・サイト「Our Chart」の共同経営者のひとりでもあり、レズビアンフレンドリーさをアピールしている彼女は、現在、既婚で1児の母として仕事と子育てを両立。プライベートを厳密に守り、夫や子ども、犬の名前までも明かさないポリシーを持つ。


ジェニファー、ベットについて:

“態度がたまに少し横柄すぎると思うけれど、ベットの心の豊かさや、何かのために戦うところ、アートと家族を愛している面が好き。共通点は、お互い少し命令的なところがある(笑)。”

★ジェニファー・ビールスのインタビューは、こちら


Lの世界/ティナ役ローレル・ホロマン

■ティナ・ケナード

ベットの恋人。映画業界で働くキャリアウーマンだったが、ベットとの子ども作りのために家庭に入る。現在は、社会奉仕のボランティア活動に力を入れている。ベットが初めての女性の恋人で、それまでは男性と付き合っていた。


ローレル・ホロマン 

1971年、ノースカロライナ生まれ。1995年に青春レズビアンムービーとして評価の高い『2ガールズ』の主演で映画デビュー。その後、映画『ブギーナイツ』(’97)やTVシリーズ『バッフィ・ザ・バンパイア・キラー』(’97)のスピンオフシリーズ『エンジェル』(’99)の悪役などで知られる。バイセクシュアルを公表している。男性と02年に結婚し、ドラマの撮影中の04年に妊娠、現在1児の母。


ローレル、ティナについて:

“ティナは、浮気をしない性格。最初ティナはとても好感の持てるキャラクターだけれど、その後アイリーンが彼女に悪い行動をとらせて、キャラクターに深みを与える”。

★ローレル・ホロマンのインタビューは、こちら


Lの世界/ジェニー役ミア・カーシュナー

■ジェニー・シェクター

大学を卒業後、恋人ティムと暮らすためにLAに引っ越してくる新進作家。隣人ベットとティナが主催するパーティでマリーナと出会い、彼女に惹かれる。ティムとの関係も断ち切れず葛藤し、シーズン1でのその優柔不断さが、アメリカでは嫌われものキャラクターとなる。


ミア・カーシュナー 

1975年、カナダ生まれ。89年に女優としでデビュー後、94年に、巨匠アトム・エゴヤンの映画『エキゾチカ』(’94)の好演により注目を集める。その後も映画・TVシリーズで幅広く活躍。テレビドラマ『24-TWENTY FOUR』(’01)の女テロリスト、マンディ役や、映画『ブラック・ダリア』(’06)の“世界一有名な死体”役で日本でも広く知られる。バイセクシュアルを公表。ミア同様、ジェニーはユダヤ人という設定で、ミア自身キャラクターに親近感を抱いているとか。


Lの世界/シェーン役キャサリン・メーニッヒ

■シェーン・マッカチョン

ヘアスタイリスト。「シェーンが店に入って来ると、必ず女の子が泣きながら店を出て行く」と言われるほどのプレイガール。特定の彼女は作らない主義で、女性をとっかえひっかえし次々と恋愛沙汰のトラブルを起こすが、友情には厚い。ドラマの中の数少ない中性的なキャラクター。代表的なルックス、「パンキッシュなヘアスタイルにネクタイ姿」はドラマの放送後、多くのレズビアンが真似している。


キャサリン・メーニッヒ

1977年、フィラデルフィア生まれ。母は元ブロードウェイ・ダンサーで、女優のグウィネス・パルトロウの従姉。モデルとして活躍後、TVシリーズ『Young Americans』(’00)で男性として大学に入学する女性を演じ、話題に。その後、『Law&Order性犯罪特捜班』(’03)ではMtF役を演じている。人気キャラクターナンバーワンを誇る彼女のセクシュアリティに誰もが注目するなか、彼女自身セクシュアリティについては一切公表していない。ドラマでは、レイシャ・ヘイレー、エリン・ダニエルズ、ミア・カーシュナーととくに仲が良く、プライベートでもレイシャとLAの数々のレズビアンバーで目撃されている。


アイリーン・チェイケン、キャサリン・メーニッヒについて

“キャサリンのオーディションテープを見たら、「彼女はまさにシェーンだ!」と一目で確信したほど、キャサリンはシェーンそのものとしか思えなかった。”


キャサリン・メーニッヒ、シェーンについて

“シェーンがブッチだと思ったことは一度もない。中性的だというほうが私はしっくりくる。”
“カルメンとのカップルも良いと思ったけれど、シェリーとのワイルドでめちゃくちゃな恋愛がフェイバリット。シェリーがシェーンのハートを奪ったんだと思う。”

★キャサリン・メーニッヒのインタビューは、こちら

★記事【キャサリン・メーニッヒ探索ツアー】は、こちら

★キャサリン・メーニッヒの来日については、こちら

★Tokyo Wrestlingの読者を招待した、キャサリン・メーニッヒ・プレミアム・ファン会見の記事については、こちら



Lの世界/アリス役レイシャ・ヘイレー


■アリス・ピエザッキー

フリー・ライター。バイセクシュアル。明るくおしゃべりなキャラクターで、友情に厚く、人脈が広い。関係を持ったレズビアンたちをチャートにしてまとめている。


レイシャ・ヘイレー

1971年、沖縄生まれ。5歳の時にアメリカに帰国。高校卒業後、ニューヨークの演劇学校に入学、卒業後音楽を中心に活躍。女優の他にもミュージシャンとして活躍している。アメリカでミュージカルや何本かのTVシリーズにゲスト出演し、女優としては本作品でブレイク。ドラマでは、コメディドラマ『エレン』(’94)でエレン・デジェネレスがカミングアウトした'97年の歴史的なエピソードにエキストラとしても参加。同年、シーズン5の監督のひとり、ジェイミー・バビットもアシスタントとして携わったレズビアン映画『All over me』に出演。以降、ジェイミーとは親友の仲だという。シーズン1のキャストのなかで唯一、『Lの世界』出演前からレズビアンであることを公表しており、歌手のk.d.ラングの元恋人としても有名である。現在は、LAで最もヒップなセレクトショップ『フレッド・シーガル』のメンズ部門部長を務めているニナ・ガルドゥーノと2001年より交際。そのため、2006年に彼女が仕事で日本に訪れた際、同行した。ドラマでは、キャサリン・メーニッヒ、エリン・ダニエルズ、ミア・カーシュナーと特別仲が良く、プライベートでもキャサリン・メーニッヒとLAの数々のレズビアンバーで目撃されている。

Lの世界アリス役レイシャ・ヘイレー&恋人

『Lの世界』アリス役レイシャ・ヘイレーと恋人のニナ・ガルドゥーノ(左)


レイシャ、アリスについて

”アリスは大好き。彼女は、いつもウィットの効いた完璧な台詞を言うからうらやましい。私は彼女と違ってシャイだから。”

★インタビューは、こちら

Lの世界/キット役パム・グリア


■キット・ポーター

ベットの異母姉。昔はR&Bシンガーとして有名だったが、いまはあまり仕事がなく、アルコール依存症の問題を抱えている。離婚した夫との間に息子がいる。ドラマがスタートしたときは、主要女性キャラクターの中で、唯一のストレート。


パム・グリア

1949年、ノースカロライナ生まれ。映画『コフィー』(’73)、『Foxy Brown』(’74)などのヒットで、70年代を代表するブラック・ムービースター。クエンティン・タランティーノ監督の『ジャッキー・ブラウン』(’97)の主演はあまりにも有名。その他、『マーズ・アタック!』(’96)や『プルート・ナッシュ』(’02)などにも出演。



※『Lの世界』情報

●日本での放送…FOXライフ HD www.foxlife.jp

●DVD発売…20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン 
www.foxjapan.com
(C)2008 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved. Distributed by Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC.

[ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ]