『TOPLESS』キャスト&スタッフ・インタビュー

By Yuki Keiser June 2008


TOPLESS

6.特別な感じはしなかった

Profile 清水美那 (Shimizu Mina)
1982年神奈川県生まれ。映画『蕨野行』(03)で山路ふみ子映画賞・新人女優賞を受賞。『いぬのえいが』(05)、『いくつもの、ひとりの朝』(06)、『Breath Less』(06)、などの作品に主演。若手実力派女優として期待されている。

(※このインタビューは映画の内容について触れています。まだ観ていない人はご注意ください。)


――最初脚本を読んで印象はいかがでしたか?

読んでまずすごく面白いなと思いました。監督と同じように、読む前は世間でレズビアンがどう受け止められていて、どんな風に辛かったり苦しい想いをしているのかわからなかったんです。それで、脚本を読んだときどこまでが真実でどこまでが想像の世界かわからなかったんです。また、レズビアンに限らず、一般の人にも起こりうるハプニングが起きていて、レズビアンを特別なこととして映画の中で出しているわけでもなく、誰にでも観てもらえて、共感できるところが魅力的だと感じました。

――ハリウッドでは、レズビアンの役を演じるのにまだ一部の女優の間では抵抗があると言われているのですが、清水さんご自身はいかがでしたか?

全然抵抗なかったですね。ストーリーの中で、レズビアンであることがすごく前に出ているとは感じなくて、色んな他の出来事と平行に並んでいるなか、主人公はたまたまレズビアンだった。ただ、それだけ。

――役作りはどのように? 

2年前ぐらいに、渡辺さんに二丁目の某人気レズビアンバーに連れて行ってもらいました。そこで、色んなレズビアンの方とお話をし、色々と情報を得ました。また、内田さんと渡辺さんとの顔合わせのときもたくさんお話しました。できるだけ、渡辺さんにも色んなアドバイスをいただきました。

――実際行ってみて、レズビアンバーの印象はいかがでしたか?

普通な感じでしたね。ゲイはなんとなく見た目でゲイっぽいなとわかるんですけれど、レズビアンはあまりわからないと思いました。よく見る一般の女の子が大半でしたね。キャリアウーマンみたいにスーツをビシっと着ている子もいれば、外国人もいたり、特別な感じはしなかったです。ただ女しかいないってそれだけのこと(笑)。ここにいる子たちが街を歩いていても、誰もレズビアンだと思わないだろうというのが印象深かったです。

――演じるのに難しかったシーンは?

まず女の子との絡みが難しかったです。どうすれば女の子をその気にさせるというのがなかなか…(笑)。その辺はよくわからないので、想像で演技をしました。また、光司という男の子とセックスするシーンも難しかったです。「レズビアンにとって、それがどんな感じなんだろう」という点に挑戦させられました。でもそれはまあ、手探りで演じてみました。私の演じる役が、女の子とも、男とも絡みのシーンがあったので、その違いを表現するのが最初少しチャレンジとして感じました。


TOPLESS

[ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] [ 6 ] [ 7 ]