『Lの世界』ジョイス役ジェーン・リンチ

By Yuki Keiser January 2006


Lの世界/ジョイス/ジェーン・リンチ

1.アイリーン・チェイケンとの出会い

スタイリッシュ・レズビアンドラマ『Lの世界』で辛辣な弁護士ジョイス役を演じるジェーン・リンチ。彼女はレズビアンとしてカミングアウトしており、 『Lの世界』以外にも『デスパレートな妻たち』や『CSI:科学捜査班』などをはじめ、数え切れないほどの米テレビドラマにゲスト出演を果たしている売れっ子脇役女優なのだ。また、『40歳の童貞男』(’05)や人気コメディ・スター、ウィル・フェレル主演の『人タラデガ・ナイト オーバルの狼』(’06)などコメディ映画も得意ジャンル、さらに舞台でも活躍する幅の広い演技派女優なのだ。その一方で、レズビアン短編映画にも定期的に出演し、LGBT映画祭の常連でもある。そのため、アメリカで彼女を知らないレズビアンはもはやいないだろう。

そんなベテラン女優のジェーン・リンチに本邦初公開の直撃インタビューを行い、『Lの世界』や自身のカミングアウト、お気に入りのレズビアン映画、趣味などについて聞いてみた。

――まずは『Lの世界』について。ジェーンが演じているキャラクター、ジョイスはとてもインパクトがあって、日本のドラマのファンの間でも話題になっているわよ。あなたから見てジョイスは、どういうキャラクター?

まずはとても頭の回転が速い人で、逆に頭の悪い人が絶えられない、っていう印象かな。また、弱者や自分の権利を擁護できないような弱い立場の人を弁護するのが好き。そういった人の弁護士を務めているんだけど、問題はそういった人と親密な関係を築こうとするところね。シーズン2で、ティナとの関係がまさにそう。ティナが弱い立場にいるから守ろうとするんだけれど、それが度を過ぎて弁護士、顧客の関係を通り越して親密な関係を築こうとしてしまった。

もちろん、それはジョイスのなかでは無意識でティナをただ助けるつもりなんだけれど、それが行きすぎてしまった。ティナはたんに弁護士を依頼したつもりで、とくに恋人を求めていないのにね。だからジョイスはある意味ティナを裏切ってしまった。これがジョイスのパターンよね。弱い立場の人のために立ち上がるけれど、その人に興味あったら、倫理やモラルを無視してその人と親密になろうとする。それは間違っているわよね。

――ジョイスに関して、アメリカのドラマのファンの反応はいかが?

ウェストハリウッドにあるレストラン、ファルコンで『Lの世界』の上映会を毎週日曜日にオンタイムで行っているの。それで、観に行ったんだけど。私がそこに居合わせていることを観客は知らなかったの。スクリーンで上映されていて、たくさんのレズビアンが観ていたワケ。そしたらジョイスがドラマのシーンに登場して、みんなブーイングするのよ!!(笑)。気まずいから裏口から出ちゃったわ(笑)。

面白いのが、「ジョイスのモデルになった人物知っているわ」って何人かに言われたこと。LAにレズビアンの弁護士がふたりいるらしくて、彼女たちからプロデューサーのアイリーン・チェイケンがアイディアを得たのではないかと噂されているの。本当かどうかは知らないけれど。多分、アイリーンが描いた空想のキャラクターだと思うけれど。

――このドラマに参加した経緯は?

シーズン1のDVDを最初家で観たとき、ハマって二日間かけてぶっ続けで観たのよ。「オーマイゴッド! 最高のドラマだわ!」って。その後、レズビアン映画制作会社パワーアップが主催するイベントでアイリーンがスピーチをすることを知ったので、出かけて行って彼女に話かけたの。そしたら、当時私はクリストファー・ゲスト監督の映画『Best in Show』でレズビアン役を演じたこともあったのか、アイリーンに「ドラマに出演しないかしら?」って誘われたの。もちろん「YES!」と即答したわ。その数ヶ月後にジョイスのキャラクターをもらったというわけ。

――じゃぁ、アイリーンが先にあなたの出演を願っていたのね!

そうね! でも私も先に出演したかったことも事実ね! お互いの意志だから最高だった。本当に良い出会いだったわ。思い切ってイベントに行って本当に良かったと思う。


Lの世界

Lの世界 シーズン4 DVDコレクターズBOX 発売中
¥10,290(税込・6枚組)
20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント
www.foxjapan.com
(C)2008 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved. Distributed by Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC.

●日本での放送…FOXライフ HD
www.foxlife.jp

[ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] [ 6 ] [ 7 ]


kanrenkiji.jpg

【『Lの世界』クリエーター、アイリーン・チェイケン】
『Lの世界』のディレクター兼プロデューサー、アイリーン・チェイケンのインタビュー
line.gif
【『Lの世界』ティナ役、ローレル・ホロマンのインタビュー】
『Lの世界』でティナを演じ、自身もバイセクシュアルであることを公表している女優、ローレル・ホロマンのロングインタビュー
line.gif
【ゲイフレンドリーな新テレビシリーズ「glee」】
全米で話題のゲイフレンドリーな新テレビドラマシリーズ「glee」を紹介