映画『ミルク』レズビアン役&監督のインタビュー

By Christie Keith article from AfterEllen.com


『ミルク』

1.キャンペーンに関わった人達の意見を

●『ミルク』
●監督/ガス・ヴァン・サント(『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』『エレファント』『ラストデイズ』ほか)
●主演/ショーン・ペン(『21グラム』『ミスティック・リバー』)、エミール・ハーシュ(『イントゥ・ザ・ワイルド』)
●公開/GWシネマライズ、シネカノン有楽町2丁目、新宿バルト9他にて全国ロードショー
●(C) 2008 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED
●公式サイト/www.milk-movie.jp/

★『ミルク』のあらすじや詳細、ドキュメンタリー映画については、こちら


4月18日(土)に国内で公開される、ゲイとしてカミングアウトしているガス・ヴァン・サント監督の最新作で伝記映画の『ミルク』。主役を務めたショーン・ペンや脚本を執筆したダスティン・ランス・ブラックがアカデミー賞を受賞するなど、国内外で大きな話題を集めたのも記憶に新しい。

今回は、そんな映画のなかでレズビアン役を演じた女優やガス・ヴァン・サント監督などにインタビューし、撮影秘話を含めこの話題作をたっぷりご紹介。

 『ミルク』/アン・クローネンバーグ役/アリソン・ピル
(C) 2008 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED
※ミルクの3度目の市議選挙のキャンペーンを主導した、レズビアンのアン・クローネンバーグ役を好演するアリソン・ピル。

まず、ハーヴィー・ミルクが初めて当選した選挙のキャンペーン・マネージャーを務めたことでも知られるレズビアンのアン・クローネンバーグの役をスクリーンで熱演するのは、カナダ出身の女優アリソン・ピル。同映画のオーディションをしたとき、彼女はハーヴィー・ミルクについてほとんど何も知らなかったという。同性愛者の人権運動の歴史についてはある程度の知識を持っていたものの、20歳のピルがミルクについて知っていることと言えば、「トゥインキー・ディフェンス」と呼ばれる裁判についての僅かな知識。けれどもそんな彼女も、いまでは大のミルク・ファン。さらに、この作品でアン・クローネンバーグを知ったほとんどのレズビアンと同様、彼女のファンクラブにも入会しているというのだ。

ミルクの3度目となる市議選挙のキャンペーンを主導してほしいと声をかけられたときクローネンバーグは22歳の情熱的な、バイクを乗り回し革ジャンを愛用する、まさにタフなレズビアン。当時まだ閉鎖的だったゲイ男性組織に真っ向から立ち向かい、レズビアンとゲイの間にあった壁を打ち破くために尽力を注いだのだ。

『ミルク』/アン・クローネンバーグ
©Telling Pictures
※アリソン・ピルが熱演した、アン・クローネンバーグ本人。

そんなクローネンバーグ役のオーディンションを受けた当時、ピルはまだ彼女とは面識がなかった。配役が決まってからの数ヶ月は電話で話す程度で、二人が直接会うことで初めてクローネンバーグの人となりを知ることとなった。結果、ピルはそれまで温めていた、クローネンバーグを演じるためのアイデアをすべて投げ捨てることに。「サンフランシスコに到着した初日に彼女と会ったの。それはとても素晴らしい出会いで、この役柄を演じるにあたってそれまで持っていた視点をまったく変えてしまったの」と、ピルは語ってくれた。

クローネンバーグという人物はドキュメンタリー映画『ハーヴェイ・ミルク(原題:the Times of Harvey Milk)』のなかでも描かれているけれど、それを観るだけでは本物のクローネンバーグを演じるための準備には不十分と感じたのだとか。「ドキュメンタリー映画からはハーヴィーの雰囲気は伝わってくるけれど、アン(クローネンバーグ)自身のことはあまり伝わってこないと思ったわ。実際に会って、アンは部屋全体を穏やかな雰囲気に変えることができる人なの。彼女は本当に素晴らしい女性よ。なぜか誰もが彼女の話を聞いてその指示に従いたくなるの。彼女はいままで会ったことのあるなかで最も強い女性。でもそれは威嚇的な強さではなくて、とても控えめな、ある意味女性的な強さ。そのエネルギーこそ、彼女を演じるうえで捉えなければいけないと直感したわ」

作品に関わるにつれ、ピルはストーリーとその役にどっぷりはまりこんでいったという。「カストロストリートの話や、キャンペーン中誰よりも早く朝からハーヴィーと集まっていたというディック・パビックとジム・リヴァルドの話など、あらゆる逸話を集めていったの。終いには選挙事務所の人間関係や面白いエピソードなどすべてを知っていたのよ! 事務所のなかで、手持ち無沙汰のアンがどういう行動を取るかまでわかるようになったわ!」

そんな、ミルクのキャンペーンに親密に関わった人たちのひとりであるアン・クローネンバーグは、作品の仕上がりについて、「この、正確に描かれた物語とガス・ヴァン・サント監督に対して、讃辞以外の言葉はないわ。彼はこのストーリーを忠実に描きたいと強く感じていて、まったくその通りにできたと思うわ」と絶賛。「ガス(ヴァン・サント)は当時キャンペーンなどに関わった私たちを撮影現場に招待して、その間ずっと『この出来事はこうやって起きたの?』って聞いていた。違うと答えれば、それを変えるのよ。たとえば、私が「ゲイ・フリーダム・ディ・パレード時は女性もミルクの後ろを行進していたわ」と言ったとき、ガスはすぐさま女性を参加させたの。『アンの取り巻き役、全員集合』って言ってね。そんな風に頻繁に相談してくれたのは素晴らしいことだと思う」。

訳: Chris 

※この記事は、米レズビアン・エンターテイメントサイト、AfterEllen.comが執筆したものです。
Tokyo Wrestlingは AfterEllen.comより記事提供をうけ、翻訳をしております。
AfterEllen.com の創始者兼編集長のインタビューは、こちら


[ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ]

kanrenkiji.jpg
【『ミルク』のショーン・ペンがアカデミー主演男優賞を】
映画『ミルク』でハーヴィー・ミルクを演じているショーン・ペンが第81回アカデミー賞主演男優賞を獲得
line.gif
【09年GLAADメディア・アワード レポート】
非営利LGBT団体、GLAADが2009年4月にLAで開催した「メディア・アワード」のレポート
line.gif
【レディー・ガガがLGBTマーチに参加&呼びかけを!】
2009年10/10~10/11に米ワシントンDCで行なわれたLGBTマーチについて、レディー・ガガのビデオメッセージ
line.gif
【TWピックアップ・インターナショナルLBGTニュース】
TWエディターズが気になったインターナショナルなLGBTニュースの紹介
line.gif
【第一回Tokyo Pride Festivalのビデオレポート!】
2009年5月に開催された第一回Tokyo Pride Festivalに参加したLGBTアクティビストや著名人、政治家などのビデオインタビュー&イベントのレポート