タレント・一ノ瀬文香さんのインタビュー

By Yuki Keiser


一ノ瀬文香

6.『Lの世界』ララがタイプ

――一番好きなビアンやゲイ映画は?

たくさんありますけれど、最近では『ミルク』ですね。世の中の人にたくさん見て欲しいです。あと一番好きなビアン作品は、『Lの世界』です。

――『Lの世界』でララがタイプだっていうことをブログで書いていましたが、どういったところが好きなんですか?

ララは優しくてかわいくて、女の子っぽいんだけれど、何気に恋愛に対して積極的なところが好きです。ロッカーで自分からチュッてしちゃうしね(笑)。

一ノ瀬文香

――『Lの世界』の好きなシーンやストーリーラインは何かありますか?

いま言った、ララがチュッてやるところがグッときたし(笑)、ティナとベットのカップルが大好きだったんですよ。でも別れちゃったんで残念で残念で(笑)。ごちゃごちゃになる前の2人のカップル像が見ていて楽しかったですね。

――演じるとしたらどの役を演じたいですか?

迷いなくベット! カッコイイです!

――とくに尊敬しているレズビアンは?

いろいろいるんですけれどね。まあこれを言うのは恥ずかしいんですけど、NHKのLGBTサイト「虹色」でのカイザーさんのインタビューを読んで、言っていることにとても共感したんです。そういう意味で、カイザーさん(笑)。

――ありがとうございます(笑)。できればもうひとりぐらい言ってもらえたらうれしいです(笑)。

じゃぁ、アイスランドの首相。きれいですよね!

――貫禄ありますよね。海外で行ってみたいレズビアンイベントは?

TWでも紹介されていた、ダイナショア

――あそこはオススメです! 来年彼女さんと行ってみてください! 

そうですね! あ、海外で尊敬する人、もうひとりいました! 『Lの世界』アリス役のレイシャ・ヘイリー

――どういうところが?

堂々とカミングアウトして音楽活動したり、『Lの世界』で演技をしたりとか、明るく生きているところです。

――日本ではまだ合法でないものの、フランスやイギリスをはじめ、海外の多くの国で同性婚や同性同士のパートナーシップが可能ですが、いつか結婚したいとか?

はい。

――もし日本でまだ合法じゃない場合、海外での結婚式とか、どのようにしたいですか?

まず高校生からの夢がダブルウェディング・ドレスで結婚式を挙げることなんですね! 好きな子ができた瞬間に、その夢が湧いたんですよ。日本で結婚できるようになれば、日本でするのがベストですけれどね。

――海外で最近、人工授精で子どもを産むレズビアンが急増していますが、一ノ瀬さんも将来彼女と子どもを産みたいですか?

そこまで子ども願望はいまのところないです。子どもができれば、恋人があまり自分に構ってくれなくなったら嫌だなと思っちゃうんですよ(笑)。でも相手が欲しいと言ったら、一緒に考えていって、人工授精など、協力していきたいなと思います。

――今後の予定や夢、目標は?

このまま自分らしくハッピーにお仕事して、プライベートも充実させて生きていきたいです! 具体的には、まずみんなが見たかったようなアーティスティックな写真集を出したいと思っています。それから、いま『REAL BIAN』という漫画の原作を書いているのですが、その漫画の人気が出て単行本化されたらと思っています。あといつか書籍も出版したいんですよ。それと、女優業もやっていきたいですね。とにかくやりたいことはいっぱいあります(笑)。

――これからもTWで応援しますね!


★『REAL BIAN』はこちら

★一ノ瀬さんのブログ↓
http://blog/ichinoseayaka/


[ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] [ 6 ] [ 7 ]

■Tokyo Wrestlingでは、読者の皆様から記事についてのご意見・ご感想を随時募集中。ご希望の方は、件名に記事名を書いて、こちらまでご送付ください。お待ちしております!