NY・ブルックリン発エレクトロデュオTelepathe

By Yuki Keiser


Telepathe/テレパシー

1. きらめく新星ガールズユニット!

Tokyo Wrestling一押しのニューヨーク・ブルックリン発のガールズユニット、 Telepathe(テレパシー)。2人の絶妙にマッチする魅惑的なボーカルに凝った覚醒的なリズム&サウンドと、ブルックリンならではのそのクールでおしゃれなルックスがたちまち米クィアシーンに限らず音楽シーンで話題に。

そんな旬な彼女たちのデビューアルバム『DANCE MOTHER(ダンス・マザー)』が今年の2月に日本国内でもリリースされ、5月末には念願の初来日ライブを披露し大好評を博した。聴けば聴くほどクセになるその不思議な魅力を放つエレクトロ/ポストパンク/ニューウェイブのサウンドが日本のファンも虜にしたのは無理ない!

来日中、TWではインタビュー以外にもストリートスナップウエブマガジンDROPSNAPとコラボ・ファッション撮影を行ったり、恵比寿のおしゃれショップMARIOS LEFT TANKERに案内しながら、彼女たちのナチュラルだけれど優れたファッションセンスを再確認。

今回は、そんな多彩な才能の持ち主の彼女たちの魅力に迫るインタビューをお届け! 音楽のインスピレーション源や自身のカミングアウト、恋愛&同性婚、アメリカのストレートのメディアに対しての姿勢、日本の印象などについてオープンに語ってもらった。バンドの名の通り、2人の息はぴったりでお互いのフレーズを終わらせたりハモったりと、とにかく5月の暖かい日に恵比寿のカフェで楽しい会話を満喫させてくれた。
 
★ストリートスナップウエブマガジンDROPSNAPとのコラボ・ファッション撮影や恵比寿のおしゃれショップMARIOS LEFT TANKERへの訪問についてのフォトレポートはこちら


Telepathe/テレパシー

※メリッサ・リバウダス(写真右:ボーカル、キーボード、プログラミング)とビジー・ギャングニス(写真左:ボーカル、ドラム、キーボード)によってニューヨーク、ブルックリンにて結成された2人組のハンサムガールズ。Tokyo Wrestlingのバッジなどを持ってご満悦の様子!


――5月下旬に行われた、代官山のクラブ・ユニットでのライブを見たんだけれど、すごく良かったね! お2人の感想は?

メリッサ(以下M):
とても楽しかった! 夜の8時から始まったんだけれど、私たちにしては割と早い時間なの。最近ずっとツアー中で、どのライブも比較的遅い時間から始めていたからね。でも本当にとても充実したライブだった。

ビジー(以下B):
たくさんの人が来てくれて、会場も盛り上がっていたのでうれしかった。

――音楽を始めた経緯について教えてくれる? 

B:
私は小さい頃からピアノを弾いて育って、音楽は歌手である母から教わったの。

M:
私はギターを勉強していたの。音楽理論も少しやって、ピアノも少しだけ勉強したんだけれど、どれもいま自分がやっている音楽の役には立っていないと思う(笑)。何らかの関係や影響はあるんだろうけど、勉強してきたものがいまの音楽とは直接つながらないかな。

――2人の出会いは? また、何がきっかけで一緒にバンドを組むようになったのかな?

M:
数年前、私は2人の女の子とバンドを組んでいたんだけれど、ドラマーが必要になって。そんなとき共通の友人がドラムをやりたがっていたビジーを紹介してくれて。それで私たちの練習場だったニューヨークのロフトに彼女が訪ねてきて、すぐに意気投合したので練習の初日にバンドメンバーに加わっていた。

B:
そう。「Wicked」というバンドで活動していたんだけれど、そのバンドが解散してしまったから、その後2人で「Telepathe」を結成したの。誰かと一緒に音楽をやりたいとずっと思っていたんだけれど、心からわかり合える人を見つけるのがとても難しかったので、メリッサとの出会いは絶好なチャンスだった。

M:
Wickedを解散する頃、同バンドに少し飽き始めていたの。いわゆるロックバンドだったので、ギターをただ演奏するだけにはそんなに興味がないことに気づいて。マスロックというロックのジャンルを知っている? (※マスロック…リズムが複雑でイレギュラーな、80年代後半に現れたギターベースのエクスペリメンタル・ロック)それみたいに新しいビートやエレクトロを作りたくて、Telepatheを始めるきっかけになったの。だから、それまでやっていたこととはまったく違うことがしたくて生まれたバンドなの。

B:
私はドラムキットを演奏していて、2人ともエレクトロを取り入れて何か新しいサウンドを作りたかったの。また、メロディを書いて編曲も作曲もしたかった。もっと、音楽というものを総合的に捉えたかったから。

★現在、TWマイスペース・アカウントページにてTelepatheの楽曲「Chrome's On it」をセレクション中!


Telepathe

●Telepathe(テレパシー)『DANCE MOTHER(ダンス・マザー)』
●1980円(税込み)
●NO: VMMM-001 JAN: 4560124808402
●Village Again
●マイスペース・アカウントページ(日): www.myspace.com/telepathejapan
●Official HP (English): http://www.myspace.com/telepathe


訳: Chris

[ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] [ 6 ]

■Tokyo Wrestlingでは、読者の皆様から記事についてのご意見・ご感想を随時募集中。ご希望の方は、件名に記事名を書いて、こちらまでご送付ください。お待ちしております!