TWピックアップ・インターナショナルLBGTニュース

By TW editors


LGBTニュース

2.米オバマ大統領の発言!

10月10日の夜、米オバマ大統領が、米軍隊でセクシュアリティをオープンにしているゲイやレズビアンの入隊を禁止する「(セクシュアリティを)聞かざる言わざる政策」(Don’t ask Don’t tell)を廃止するよう努めると演説し、ゲイ差別解消へ取り組むと宣言。

この「Don’t ask Don’t tell」(DADT)は93年にビル・クリントン元大統領により開始され、軍隊でゲイやレズビアンが自身のセクシュアリティを明かしたり知られた場合、解雇されるといった、アメリカでこれまでずっと加熱する議論を呼び続けた法律なのだ。そのため、これまで1万2千人以上のゲイ&レズビアンの軍人が解雇されていて、スタイリッシュ・レズビアンドラマ『Lの世界』のシーズン5でも取り上げられるほど(※アリスの彼女ターシャが軍隊に勤めているストーリー)、アメリカでは同性婚同様のセンシティブなLGBTトピックスのひとつとして有名。

比較的ゲイフレンドリーとして知られていたビル・クリントンだけれど、この点に関して「大きな過ちを犯した」と、一部の当事者の間で頻繁に批判されていたのも事実。当の本人は、今年の8月に開催されたNetroots Nation conferenceにて、LGBT活動家にそのDADTに関してスピーチ中に問われたところ、次のような内容を答えている。「この法律は大嫌いだった、後悔している。でも当時、いまと違ってゲイたちに対して国会で反対者が多かったため、(ゲイたちの境遇を)改善するには他に方法がないと思っていた」。

大統領選のときも、同性婚とこのDADTはつねに話題に上がっていて、オバマが当選してから、当事者は「同性愛者に対して差別的な法律がやっと変わるかもしれない」、といった大きな期待を抱いた。期待通りに、オバマはワシントンDCのゲイマーチ前日に、米最大LGBT権利擁護団体の「ヒューマン・ライツ・キャンペーン」(HRC)の夕食会で、差別に取り組む約束をした。「わたしたちは、わたしたちの国の安全を努めている愛国精神あふれるアメリカ国民を、罰するべきではありません」と国のために命を惜しまない献身的な軍人について、ゲイの活動家たちに語った。

そしてHRCのJoe Solmonese代表は、「今夜、オバマ大統領は、軍隊、職場で、愛しあうカップルとその家族への差別をなくすことに全力を尽くすというLGBTのアメリカ人への約束は揺るいでいないことを語った」と、コメントを。

またオバマ大統領は、「わたしたちが、2人の男性または2人の女性との間に、男女の夫婦の関係と同様の関係を認識し、同等の権利を付与する国家となるときが来るでしょう」と表明。喜びの声が上がるなか、TWが実際にアメリカの当事者に話を聞いてみたところ、それがいつのことなのか、いつオバマ大統領がDADTの法律を廃止するかを名言していないため、不満や懸念の声も一方であがっているとのこと。

とはいえ、同性愛者たちに厳しかったブッシュ政権と比較して、オバマ政権は断然寛容的で希望があるのは確か。選挙運動中の公約にはゲイ差別の撤回を掲げていながら、なかなか着手できないでいたオバマ大統領が、ついに歴史的な第一歩を踏み出すことになることを願う!!

文/近藤日咲子・カイザー雪

 [ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] [ 6 ]
kanrenkiji.jpg
【レディー・ガガがワシントンDCのLGBTマーチに参加&呼びかけを!】
10月10-11日に米ワシントンDCで行なわれたLGBTマーチにレディー・ガガが参加するとビデオメッセージで表明
line.gif
【アメリカ初のアフリカ系アメリカ人市長の同性婚!】
レズビアンをカミングアウトしているアメリカ初のアフリカ系アメリカ人市長が結婚をする予定を公表
line.gif
【米・西海岸のゲイプライド】
毎年6月に開催されるアメリカ西海岸のゲイプライドのフォトレポート