新宿2丁目 QUEERリサーチ

By TW editors


QUEERリサーチ

1.浮き彫りになった意外な事実

新宿2丁目にはどんなレズビアンが来るの? タチ・ネコの割合は? ストレートの子はどのくらい来ているの? 2丁目ではどんな子がモテるの? みんな、彼女はいるの? 初恋は何歳? カミングアウトはしている? といった質問が一度ぐらい気になったことがあるのでは。

そんなわけでTokyo Wrestlingはこの夏、TWスタッフが約1カ月半かけて週末の夜に新宿2丁目の街頭にてガールズ&BOISたち*を直撃し、細かいクィア・リサーチを実施。結果、雨の日や休日の貴重な時間にも関わらず、147名の方から快くご協力を! ご協力いただいた皆さま、お忙しいところ本当にありがとうございました!!! MANY THANKS!!! 

※BOI=「男の子に見える女の子」や、「男として生まれていない男の子(=FtMトランス)」などを表す言葉。通常の男を意味する「BOY」とは区別し、あえて「Y」を「I」で書く「BOI」は、アメリカのクィアシーンでスラング的に使われている、ヒップな用語。

それで今回は、その超気になるアンケート結果を発表! (※アンケート対象は、2丁目に来ているFtMを含む戸籍上の女性。)読者も自身の経験と照らし合わせてみては!!

QUEERリサーチ/スナップ
※2丁目にて、快くアンケートに答えてくださったキュートなカップル。THANKS!!!

QUEERリサーチ/スナップ

でもその前に、アンケート全体の印象について、実際に街頭に立った若いTWスタッフから一言を。

「とにかく驚いたのは、ストレートの女性が想像以上に多かったこと。2丁目にストレートの方が遊びに行くのは当然なことですが、いままで2丁目に遊びにいったときの個人的な印象としてはノンケ(=ストレート)が比較的少なかったということでしたが、アンケートの結果として、147名のうち約3分の1といった47名の方がストレート女性。

ただ、ストレートの方はレズビアンのイベントやバーに行くというよりも、「ゲイバーに行く、行きたい」という方が大半でした。なかには、ストレートの女性だけで初めて2丁目に来たというグループもいて、「オススメのゲイバーを教えてください!」とリクエストを受けることも。(しかしスタッフがゲイバーについてほとんど無知なため、毎回ビアンバーを案内させて頂きました(笑))

また、「とくに目的もなく2丁目を覗きにきた!」という方も多く、スタッフが“レズビアン・クィア”であることを告げると、「ビアンバーってなどと、逆取材をされ興味津々の方が多かったのも印象的でした。」


[ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] [ 6 ] [ 7 ] [ 8 ] [ 9 ] [ 10 ]


kanrenkiji.jpg

【TOKYO L GIRLS & BOIS SNAP】
Tokyo Wrestlingと、長年日本のリアルなLシーンを撮り続けているフォトグラファー戸崎美和とのコラボレーション企画がパワーアップ
line.gif
【TOKYO L GIRLS SNAP】
Tokyo Wrestlingと、長年日本のリアルなLシーンを撮り続けているフォトグラファー戸崎美和とのコラボレーション新企画
line.gif
【レズビアン流行語大賞】
08年は“レズビアンの年”と言ってもよいほど、“Lブーム”が巻き起こった年。そんな“レズビアン年”を振り返り、レズビアン流行語大賞をノミネート。
line.gif
【新宿2丁目Queerリサーチ【恋愛編】】
大好評の企画、QUEERリサーチの第2弾を実施。新宿2丁目の街頭にてガールズ&BOISたちを直撃、今回は恋愛編の結果をお届け。
line.gif
【カミングアウト・プチトーク】
QUEERリサーチの新企画。今回は、新宿2丁目の街頭にて20代のクィアガールズ&BOIS のカミングアウトについてのインタビューをお届け。