パリ在住のアーティスト、エミリー・ジュヴェのインタビュー

By Yuki Keiser


エミリー・ジュヴェ

1. フランス初のレズビアン・ポルノ映画

数々の賞*を受賞したフランス初のレズビアン&クィア・ポルノ映画『One Night Stand(原題=ワンナイト)』(’06)を制作した、パリ在住のフォトグラファー兼監督、エミリー・ジュヴェ(Emilie Jouvet)。

『One Night Stand』
※エミリー・ジュヴェ監督が制作した、フランス初のレズビアン&クィア・ポルノ映画『One Night Stand(原題=ワンナイト)』(’06)。

彼女の映画は、ジェンダーやポルノグラフィ、アイデンティティ、そして女性について問題を定義し、フランスでは誰もが知っている大手ケーブル局「カナル・プリュス」(Canal+)や「アルテ」(Arte)ほか、国際映画祭等で放送・上映されている。そして、クィアに限らず、フランスの若手インディペンデント・アーティストのひとりとして、すでに高い評価を獲得している。

また、映画を制作する一方で、エミリーはフランスの有名音楽マガジン『Les Inrocks』やゲイマガジン『Têtu』、カルチャーマガジン『Muteen』などでフリーランスのフォトグラファーとしても活動し、その作品は、従来の女性の美意識とは違う女性像をクィアな目線でクールに、そしてユーモアたっぷりに発信している。

ジェンダーやアイデンティティの概念で遊ぶ彼女の写真は、自身の周りにいるクィアの日常生活や親密なひと時、またアンダーグランドなレズビアン&クィアカルチャーのイベントを捉えている。最近では、世界中で絶賛されているフォトグラファー、ナン・ゴールディンや鬼才ブルース・ラ・ブルース監督とともにベルリンのギャラリーで展示したりと、映画以外でも精力的な活動を行っている。

エミリー・ジュヴェ
※クィアな周りを被写体に撮っているエミリーの写真。

そして、間もなく2作目の長編映画『Feminist Sluts, a QUEER X SHOW(原題=フェミニストな娼婦、クィア・ポルノなショー)』がリリースされる予定。同作品は、クィアな思想やポスト・ポルノグラフィ、セックス・ポジティブなフェミニスト・ムーブメントについて考えているロードムービー。7人の女性パフォーマー・アーティストが2009年の夏に、パリのヒップなクラブからベルリンのクィアでアンダーグランドなスクワット、ストックホルムやコペンハーゲンの劇場までなど、ヨーロッパ中をバンで横断した様子を撮影し、クィア度満点な作品に仕上げた。

『Feminist Sluts, a QUEER X SHOW』
※エミリーの2作目の長編映画『Feminist Sluts, a QUEER X SHOW(原題=フェミニストな娼婦、クィア・ポルノなショー)』。

その劇中に登場する7人の女性はアーティストや作家、ミュージシャン、セックスワーカー、ポルノスターで、いずれも戦闘的フェミニストなレズビアン・バイセクシュアル・クィアな女性ばかり。彼女たちはセクシュアリティに負い目を感じず、従来のジェンダーの概念にもとらわれることなく、快楽の新しい表現・描写をステージで発表しているという。

また、その他にも、「ブッチ/フェム」といったコンセプトの超ホットなクィアイベントもオーガナイズしていたりと、まさにフランスのクィアシーンを多方面から刺激し続けている。そんな今をときめく、超アクティブなタフガールのエミリーをパリのゲイエリア、ル・マレ地区のカフェで直撃! 『One Night Stand』や初めて恋した女性、パリのダイク&クィアシーンなどについてたっぷり語ってもらった。

エミリー・ジュヴェ
※エミリーが開催したイベント「Fem is Fabulous」(=フェムは素晴らしい)で、フライヤーの写真も彼女が撮影。また、エミリーの仲間でボーイッシュなレズビアンたちは、「Butch is Beautiful」(=ブッチは美しい)というイベントも開催していたのだとか。ビアン的にグッと来るタイトルばかり!


(*『One Night Stand』が受賞した賞:フェミニスト・ポルノ賞、ベルリン・ポルノ映画祭賞、コペンハーゲンLGBT映画祭・審査員賞、アムステルダム・フェスティバルなど)

Photos by Emilie Jouvet

★エミリー・ジュヴェのオフィシャルHP↓
www.emiliejouvet.com
www.myspace.com/emyphotography

★DVDのお買い求めは、こちら↓
One Night Stand  
Queer X Show


[ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] 


kanrenkiji.jpg

【パリのアンダーグランド・レズビアンシーンの牽引者】
パリのクィアシーンを牽引しているフランス人フォトグラファー兼監督、エミリー・ジュヴェをご紹介
line.gif
【フォトグラファー、キャサリン・オピー】
ドラァグキング&トランスジェンダーのポートレート写真や過激なセルフポートレートなどで知られるフォトグラファー、キャサリン・オピーをご紹介
line.gif
【国際的アーティスト・ピュ~ぴるさんのインタビュー】
国際的アーティスト・ピュ~ぴるさんの作品や、自身が行った性別適合手術、恋愛などについて話を伺ったインタビュー