Tokyo Wrestling ピックアップの、クィアカルチャー関連の情報や日本開催のイベント。
Events in Japan and other information on queer culture hand-picked by Tokyo Wrestling.
Sorties ayant lieu au Japon et infos queer, sélectionnées par Tokyo Wrestling.
   







Archive "2008年10月"

Books

当サイトでも以前からご紹介している、オランダの新鋭レズビアン季刊誌『Girls Like Us』取扱店MARIOS LEFT TANKER(東京・恵比寿)で、MARIOSとポーランドの最先端なゲイアート誌『DIK FAGAZINE』とのコラボレーションライン「MARIOS DIK」が今秋リリース。

In August we wrote about "Girls Like Us", Holland's newest quarterly lesbian magazine available at Marios Left Tanker in Ebisu. Well, we're now excited to share that a collaborative fashion project between Marios and the Polish gay art magazine Dik Fagazine will be released this autumn under the name "Marios Dik".

MARIOS × DIK FAGAZINE


早くも話題になっているこの「MARIOS DIK」と、さらにオランダのゲイアート誌 『BUTT』 などで作品を発表しているイタリアの写真家ALESSANDRO DI GIAMPIETROとのトリプルコラボとなるフォトブックの発売が開始。

The clothing line "Marios Dik" - already the subject of much talk - has also embarked on a further collaboration; it will be presented in a book by the Italian photographer Alessandro Di Giampietro, whose work has been shown in the Dutch gay magazine "Butt".

MARIOS × DIK FAGAZINE


MARIOSらしいこだわり抜かれたルーズなシルエットのタンクに、『DIK FAGAZINE』アートディレクターでもあるKarol Radziszewskiのイラスト、二匹の寄り添うケンタウロスを大胆にあしらったものや、ディック総柄のアンダーウェアなど、アーティなゲイ・エッセンスが感じられるラインナップの「MARIOS DIK」。それを纏ったモデルをとらえたALESSANDRO DI GIAMPIETROのエッジィでありながらナチュラルな写真との相性が抜群。

The Marios Dik line-up exudes all that is the essence of gay. It's there in the Marios-like silhouette tank top decorated with two snuggly centaurs (illustrated by Dik Fagazine's own art director, Karol Radziszewski) and also in the Dik-like underwear. Models clad in the designs make a natural fit for the line, and a stellar photo essay by Alessandro Di Giampietro.

クローズライン「MARIOS DIK」、フォトブック「MARIOS × DIK FAGAZINE × ALESSANDRO DI GIAMPIETRO」、ゲイアート誌『DIK FAGAZINE』ともにMARIOS LEFT TANKER(東京・恵比寿)で購入可能。要チェック!

Definitely check out the clothing "Marios Dik", the photo book "Marios × Dik Fagazine × Alessandro Di Giampietro", and the gay art magazine "Dik Fagazine" ... all available at Marios Left Tanker!

● TEL/03-5466-7773
● Open/12:00-20:00 closed on Wednesdays
www.marioslefttanker.com
www.mariosdik.com



08.10.30




Upcoming Events

fancyHIM

Tokyo's most cutting edge electro party !!
   
2008 11/22 sat @BAR Hijouguchi   

●open 21:00
●2500yen(1D)
●2000yen(1D WITH FLYER *before 24:00)

今回は、Tokyo Wrestlingオンラインショップでもお馴染みのスタイリストのPERIちゃんがDJを(23:00-24:00)!

If you haven't yet checked out FancyHim, you don't know what you're missing! The rock, the fashion, the event's totality captures the edgy urban future wave of electro club events.

また、当サイトでも以前インタビューをお届けした、バンコク発エレクトロロックバンドfutonのオリジナルメンバー、モモコモーションのライブアクトも(26:00-)お見逃しなく!

This month one of the original members from Futon, an electro-rock band out of Bangkok, will be performing MomokoMotion at 2am - not to be missed!

モモコモーション

[DJs]

MONDO
ANITA san
HIDEO
Kaskay
G/O
PERI

SPECIAL LIVE:MOMOKOMOTION

SHIZUKU , LEO , 電気羊 , HARDCORE LOVE


[VISUAL]

RE:RE:RE:mojojo ( http://rereremojojo.oops.jp )

BAR Hijouguchi ( www.hijouguchi.com )

more info ↓
( www.fancyhim.com )


★fancyHIMについては、こちら

★For more on fancyHIM, click here


★Tokyo Wrestlingのホームページは、こちら

★To return to Tokyo Wrestling's homepage click here.



08.10.19




Upcoming Events

サマンサ・ロンソン

【10月24日(金)ageHaで予定されていた「HOUSE NATION FIESTA」でのDJサマンサ・ロンソンの出演中止が発表されました。
チケットを購入された方はご注意ください。】
※お問い合わせ:
www.ageha.com

【Samantha Ronson will not be performing at Ageha's House Nation Fiesta on Friday October 24th; it was just announced that her appearance has been cancelled.
Those with tickets should keep this in mind.】
※For more, visit Ageha's webpage:
www.ageha.com


★10/24、シャーロット・ロンソン・イベントでのサマンサ・ロンソンについては、
こちら

★For a brief write-up on Samantha Ronson from Charlotte Ronson's October 24th event, see here.


いま最もホットな女性DJこと、サマンサ・ロンソンが10月24日(金)にて、東京最大のクラブageHaで行われるHOUSE NATION FIESTAでDJを。Tokyo Wrestlingのホットレズビアン・ランキングでも4位にノミネートされたサマンサの生出演は見逃せない!!

The sensational Samantha Ronson will be DJ'ing at Tokyo's largest club, Ageha, for the event "House Nation Fiesta" on Friday October 24th. Don't miss your chance to see her in action - the very same babe ranked at Number 4 in TW's hottest lesbians!


●10/24 Fri.
●HOUSE NATION FIESTA
●@ageHa (Tokyo Shinkiba)
●22:00-
●6000 Yen
●More Info → www.ageha.com


★サマンサ・ロンソンについての記事は、こちら

★For an article on Samantha Ronson, see here.



08.10.18




Highlights

FIGARO japon


今年の9月5日号での『Lの世界』キャサリン・メーニッヒのインタビューも大好評だった女性ファッション誌『FIGARO japon』がウェブサイトをオープン! モードで最先端な情報はもちろんのこと、ブログセクションへのクィアな面々の参加も魅力的!

中でも、ひときわ妖艶な魅力を発するベルリン在住のライター兼ドラァグクィーン、つよこ・フォン・ブランデンブルクのブログは、人気のベルリン・クィアシーンが垣間見られるので要チェック!
他にも、クィア要素を含むコンテンツが点在しているので、己のゲイダーを活用して是非チェックしてみては!? 

●『FIGARO japon』ウェブサイト | FIGARO japon website (Japanese only)
http://madamefigaro.jp/
●つよこ・フォン・ブランデンブルクのブログ | Tsuyoko Von Brandenberg's blog
http://blog.madamefigaro.jp/tsuyoko

Figaro Japon, the same fashion magazine that rocked the nation with its September issue interview with Katherine Moennig, has just started a website! Of course it will offer information on cutting edge fashions online, but the titillating news in all this is the queer edge they've incorporated into their blog section!

For one, the extremely bewitching Tsuyoko Von Brandenberg, a writer and drag queen based in Berlin, will be posting her own blog on the site. Certainly an exciting chance for us to get a glimpse at the queer scene in Berlin! There are many other queer topics and contents indeed, so get your gaydar ready and check the site out!

★Tokyo Wrestlingのホームページは、こちら

★To return to Tokyo Wrestling's homepage, click here.



08.10.16




Music

Uh Huh Her


『Lの世界』アリス役、レイシャ・ヘイレーのバンドUh Huh Herの日本デビューが来年1月に決定。
それに先駆けで携帯・着うたサイト「レコード会社直営」などから『Lの世界』のBGMにも使用されている曲『ノット・ア・ラブ・ソング』が配信スタート!

★是非一度アクセスしてみては!
「レコード会社直営」

★Uh Huh Her オフィシャルHP→ www.uhhuhher.com
Uh Huh Her マイスペース→ http://www.myspace.com/uhhuhhermusic

Leisha Hailey's band, Uh Huh Her (Myspace page here), is set to debut in Japan in just a few months - January 2009!
Just comfortably ahead of this momentous launch, the Japanese ChakuUta/Ringtone provider RecoChoku (Japanese) has now started distribution of the band's song, "Not a Love Song", already being used in the L word.

★『ノット・ア・ラブ・ソング』のPVは、こちら↓
See the "Not a Love Song" video here!




★Tokyo Wrestlingのホームページは、こちら

★To return to Tokyo Wrestling's homepage, click here.



08.10.09




Music

スコット・マシュー


●日本盤発売日/2008.9.12(fri)
●2300yen
● Lirico (Inpartmaint Inc.) www.inpartmaint.com/lirico


世界中に熱狂的なファンを持つカルトムービー『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』の監督ジョン・キャメロン・ミッチェルの最新作として昨年日本でも公開された『ショートバス』。そのテーマソング『In The End』を含む5曲をサウンドトラックとして書き下ろし、自身の役でも映画に出演しているシンガーソングライター、スコット・マシューが、9/12に初の日本盤アルバムをリリースする。

自身の名を冠したこのアルバムは、聴く者をそっと包み込み慈しむような繊細なアコースティックサウンドで構成され、その優しく悲哀に満ちた歌声は『ショートバス』でも重要な役割を果たしている。多くのクィアが出演し、また、それぞれ分かち難い孤独を抱えつつも、人との繋がりを求めて葛藤するニューヨーカーたちを斬新な切り口と暖かな視線で描ききった同映画のメッセージそのものが表現されている。

"Shortbus" (2006), released last year in Japan, was written and directed by John Cameron Mitchell as a daring follow-up to his cult film/theater hit "Hedwig and the Angry Inch" (2001). Those who saw "Shortbus" will recognize both the face and voice of Scott Matthew, the American singer and songwriter who made musical magic on the film's highly-lauded soundtrack (5 songs including the title theme "In the End") and appeared as himself in an onscreen role. The tremendous news is - Matthew's first album will be released here in Japan on September 12th!

スコット・マシュー/ショートバス
※『ショートバス』に出演しているスコット・マシュー(左から2番目)。
Scott Matthew (2nd from left) appearing in "Shortbus"

今回のアルバムは、サウンドトラックとして提供した5曲を新たにアレンジ&レコーディングし、さらに人生における悲しみや孤独にフォーカスを絞った美しく慈悲深い楽曲7曲を加えた全12曲。

ゲイとしてもカミングアウトしている彼は、今回のアルバムに収録された曲について、恋人との別れの経験が大きく影響していることや、CDのアートワークを、別れた恋人本人であるキャメロン・デイリーに依頼したことなども明かしている。

秋の物想いのお供にピッタリの優美でメランコリックなアルバム。是非チェックを!

Matthew's album features 12 songs - 5 newly arranged gems originally from the "Shortbus" soundtrack, along with 7 brand new and deeply touching musical explorations of sorrow and loneliness in life.

Matthew, an out New York-based artist, has let it be known that the music on his album was greatly influenced by his experience in a romantic break-up - and he asked his ex, Cameron Dailey, for the artwork shown on the album cover.

This melancholy album is perfect for those chill moments of autumn reflection...


★Tokyo Wrestlingのホームページは、こちら

★To return to Tokyo Wrestling's homepage, click here.



08.10.08




Books

男になりタイ!/竹内佐千子


竹内佐千子待望の新作 『男になりタイ!』~私の彼氏は元オンナ

Manga writer Sachiko Takeuchi's long-awaited new release!:

"Going to Be a Man" - My Boyfriend was a Girl


●著者/竹内佐千子 Author: Sachiko Takeuchi
●出版社/メディアファクトリー  Publisher: Media Factory
●判型/A5  
●価格/1,155円(税込) Price: 1155 Yen (including taxes)
竹内佐千子さんのオフィシャルHP

 
【作品紹介】

レズビアンのサチコとFtM(カラダは女、ココロは男)のカイくんは、ある目的のためにタイへ行くことに。
これが初めての海外旅行となるサチコは、出発前から不安でいっぱい。
対するカイくんは、ちゃくちゃくと準備を進めていたのでした。
『ハニー&ハニー』でおなじみの著者が、失恋を乗り越えて(笑)つかんだ新しい恋の行方は!? そしてタイ行きの目的とは何か?
波乱万丈カップルが行く、タイ珍道中の記録!


★竹内佐千子さんのインタビューは、こちら
★竹内さんの展示会については、『男になりタイ!』の詳細は、こちら


About the Book

Our lesbian hero, Sachiko, and her beloved FtM boyfriend, Kai, head off to Thailand on a mission.
This is Sachiko's first trip outside of Japan, and she's been wracked by uncertainties from even before their departure. But Kai just keeps on with his preparations. The author we came to know and love in Honey & Honey, brings us along with her on a journey beyond love lost into the expansive horizon of her next romantic relationship. And learn why Kai and Sachiko venture off to Thailand in the first place! Follow the extraordinary journey of an extraordinary couple!

★For TW's interview with Sachiko Takeuchi, click here.

★For Sachiko Takeuchi's homepage (Japanese), click here.



08.10.07




Upcoming Events

青森インターナショナルLGBTフィルムフェスティバル特別企画

今年10月25日(土)に、第3回青森インターナショナルLGBTフィルムフェスティバル特別企画 Part 3が開催予定。日本でもっとも長い歴史を持つLGBT支援組織であるアカーの講師から、団体紹介、活動内容、日本におけるLGBTの現状、HIVと同性愛について話が聞けるチャンス。行ける人は是非行ってみて!

On Saturday, October 25th in Aomori, there will be a special program for the Aomori International LGBT Film Festival. Guest speaker Masao Kashiwazaki will share information on OCCUR, Japan's longest-standing LGBT support NGO, as well as broach more specific topics such as the organization's activities, the situation of LGBTs in Japan today, and HIV. Not to be missed!

市民のためのLGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)基礎講

- 日本のLGBTの状況 経験と実践から -

Basic Course on LGBT Topics: The Experiences and Pathways of LGBTs in Japan

●Date/ 2008/10/25(Sat)
●Time/ 14:00~16:00
●Place/ 青森市民ホール1F会議室(旧ぱるるプラザ青森、青森駅隣り)
Aomori Shimin Hall 1st Floor
(Formerly the PaLuLu Plaza Aomori, next to Aomori station)
●Tel/ 017-722-3770
●Guest/ 柏崎正雄氏 NPO法人アカー(動くゲイとレズビアンの会)執行理事
Masao Kashiwazaki, Managing Director at OCCUR
●Official HP (Japanese)/ www.occur.or.jp
●入場無料 / Free
●詳細/For more info (Japanese), see: www.aomori-lgbtff.org
●主催/ 青森インターナショナルLGBTフィルムフェスティバル実行委員会
Hosted by: the Aomori International LGBT Film Festival


★青森インターナショナルLGBTフィルムフェスティバルの創始者&実行委員長、成田容子さんのインタビューは、こちら

★For an interview with Yoko Narita, the creator and director of the Aomori International LGBT Film Festival, see here.


* Click MORE for more on OCCUR below.
※NPO法人アカーについては、MOREを参照↓



» MORE


08.10.06




Upcoming Events

関西レインボーパレード


●Date/2008.10.19(Sun)
●Open/13:00
●Start/14:00
●Close/17:00
●Place/大阪市北区中之島公園 Osaka-shi, Kita-ku, Nakanosima Koen
●主催/関西レインボーパレード2008実行委員会
●E-MAIL/info-krp@kansaiparade.org
●Official HP(Japanese) http://www.kansaiparade.org/2008/
●The English HP can be found under "English" in the upper right hand corner HERE


関西レインボーパレード

今年で3年目を迎える関西レインボーパレードは、大阪・御堂筋を毎年1000人以上のLGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)当事者と、その家族や友人たちが、手を繋いで、踊り、歩くハッピーでピースフルなイベント。皆さまも参加してみては!

★関西レインボーパレードのフォトレポートは、こちら

This year the Kansai Rainbow Parade will be celebrating its 3rd year! The event has established itself THE place for over 1000 lesbian, bisexual, transgender and gay folks - and all their friends - to go and happily, peacefully, and pride-fully walk through the streets of Midosuji and Osaka. Hand-holding and dancing abound - and everybody is welcome to join!

★A message from staff at the Kansai Rainbow Parade
We want to see everyone come together and enjoy the day as we let people of the Kansai area know that LGBT folks are already an integral part of their lives!


★Tokyo Wrestlingのホームページは、こちら



08.10.01




1