Tokyo Wrestling ピックアップの、クィアカルチャー関連の情報や日本開催のイベント。
Events in Japan and other information on queer culture hand-picked by Tokyo Wrestling.
Sorties ayant lieu au Japon et infos queer, sélectionnées par Tokyo Wrestling.
   







スコット・マシューのセカンド・アルバム&来日決定!
Scott Matthew's next album & trip to Japan
Music

スコット・マシュー

以前TWでもご紹介したアーティスト、スコット・マシューのニュー・アルバムがリリース、さらに来日も決定!

マシューは、ジョン・キャメロン・ミッチェル監督の最新作、 『ショートバス』への楽曲提供と出演を果たし注目を浴びたゲイとしてカミングアウトしているアーティスト。劇中でも、繊細かつメランコリックな歌声でパフォーマンスを披露している。テーマ曲として使われたマシューの楽曲「In The End」は、劇中ではサロン“ショートバス”を運営するドラァグクイーンのシンガーを演じたジャスティン・ボンドによって歌われた。

この映画出演の後リリースした2008年のデビュー・アルバムは、日本でもiTunesのアルバムチャートで1位(オルタナティブ部門)を獲得するなど、話題を呼んだ。セカンドとなる本作では、ピアノやギター、ウクレレ、チェロ、ヴァイオリンなどさまざまな楽器を用いているのも特徴的。クラシック調のアンサンブルに基づいた前作の延長線上として、長いツアーで信頼関係を築いたバンドメンバーとの集大成的な共同作業によって形作られた。前作以上のストリングスとホーンのレイヤード・サウンドにより、壮大なスケールのバラード・アルバムに仕上がっている。メランコリックな曲が好きな方は是非チェックを。

スコット・マシュー/『There Is An Ocean That Divides And With My Longing I Can Charge It With A Voltage That's So Violent To Cross It Could Mean Death』
©2008 Lirico. All rights reserved

●There Is An Ocean That Divides And With My Longing I Can Charge It With A Voltage That's So Violent To Cross It Could Mean Death
●リリース日/ 2009/04/22
●2300 yen (税込み)
●レーベル/ Lirico
●来日/2009/07/09 @東京・自由学園明日館
●スコット・マシューの日本マイスペースアカウント・ページ↓
www.myspace.com/liricorecords

★『ショートバス』の主演女優スックイン・リーのインタビューは、こちら


★スコット・マシューのライブレポートはこちら


★Tokyo Wrestlingのホームページは、こちら

------------------------

In August 2008, we introduced Scott Matthew and his debut album on Tokyo Wrestling. Now we are happy to report that he has a second album on the way, and plans to travel to Japan!

An openly gay musical artist famed for his delicate, melancholic vocals, Scott Matthew caught the world's attention with his soundtrack contributions to, and appearance in, John Cameron Mitchell’s latest film “Shortbus”. His composition, "In the End" was selected as the film’s title track and performed on-screen by the host of the Shortbus salon, Justin Bond in drag.
Matthew's debut album, released shortly after Shortbus in 2008, reached number one on Japan's iTunes Top 10 chart for alternative albums. His second album carries the distinct combined sound of a diverse range of instruments, including piano, guitar, ukulele, cello, and violin. Classical ensembles charged his debut album, but this time around the sound is more richly shaped by the close-knit relationships he's built with his band members over the course of their extended touring. By way of their combined energies, the band succeeds in mastering a layered sound of strings and horns, making this ballad album a creation of epic proportions.

●Album: There Is An Ocean That Divides And With My Longing I Can Charge It With A Voltage That's So Violent To Cross It Could Mean Death
●Release: 2009/04/22
●Price: 2300 yen (Incl. tax)
●Label: Lirico
●Performs in Japan July 9, 2009 In Tokyo at the Jiyu Gakuen Myonichikan
●Scott Matthew's MySpace page:
http://www.myspace.com/scottmatthewmusic

★For an article with "Shortbus" actress Sook-Yin Lee, follow the link here.

★For information on John Cameron Mitchell and "Shortbus", click on "MORE" below.

★To return to Tokyo Wrestling's homepage, follow the link here.



2001年に映画『ヘドウィグ・アンド・アグリーインチ』で主人公ヘドウィグを演じるだけでなく、監督そして脚本も自ら手掛けたジョン・キャメロン・ミッチェル監督。ゲイであることをカミングアウトしているアーティストとしても、一躍シーンで脚光を浴びた。この『ヘドウィグ~』は、1987年からミュージシャンのスティーヴン・トラスクと共に創りあげた自身の原作・主演によるミュージカルで、オフ・ブロードウェイでロングラン・ヒットを記録した。そのジョン・キャメロン・ミッチェル監督が2006年に再び監督・脚本を手掛けた映画作品第2作目が『ショートバス』。

出演者たちが本番でセックス・シーンに挑戦するなど、その過激な内容から物議を醸し出したが、監督が描きたかったのは表面上の安易なスキャンダラスさを狙ったものではない。ポスト9.11のNYを舞台に、愛にさまよう男女の姿をセックスという普遍のテーマを用いて描いている。全てを包み込むような優しさや希望が込められたポジティヴなメッセージからは、セクシュアリティを超えた人間同士のつながりの大切さが伝わってくる。そんなディープでシリアスな内容ながらも、『ヘドウィグ~』で担当したジョン・ベアによるポップなアニメーション、ヨ・ラ・テンゴの音楽、ブリトニー・スピアーズやP!NKなどの衣装を手掛けるカート&バートのセンスが加わり、ユーモア溢れるハッピーな作品となっている。

また、本作には『Lの世界』シーズン3からトランスジェンダーのマックス役でレギュラーメンバーに加わったダニエラ・シーも“リトル・プリンス”と呼ばれるレズビアンの役で出演し、公私で恋人のシンガー・ソングライターのBITCH、レ・ティグレのJDなどレズビアンカルチャーの中心的人物の登場も大きな話題に。彼女たちの台詞は少ないが、ダニエラの少年のようなピュアな瞳とルックスや、BITCHのパワフルなオーラなど、ダイクならではの存在感を印象づけた。

文/近藤日咲子

John Cameron Mitchell not only played the lead role in “Hedwig and the Angry Inch” but also directed and wrote the film - an achievement that placed the openly gay artist squarely in the spotlight in 2001. The movie is based on a musical written by Mitchell and musician Stephen Trask in 1987. Mitchell also starred in the theater musical which became a hit show with a long-standing run off-Broadway. In 2006, John Cameron Mitchell was back in action writing and directing his second movie, “Shortbus”.

The movie aroused much controversy for its provocative content, such as actors having real sex during takes, but scandal is not what this director aimed to shoot. What he does depict is men and women trying to find love in post 9.11 New York using the universal theme of sex.

This film radiates a positive message filled with all-encompassing warmth and hope. This message teaches us that human relationships are so much more important than our sexual differences. Although profound and serious, the film is very witty and upbeat, also owing in part to the effects of John Bair's pop animation (also seen in “Hedwig”), Yo La Tengo’s music and Kurt & Bart’s costume design (known for designing costumes for Britney Spears and Pink, among others).

Daniela Sea who played Max, a transgendered man, in Season 3 of The L Word appears in "Shortbus" as a lesbian nicknamed "Little Prince". In fact, the appearance of several lesbian icons in addition to Daniela, such as singer and songwriter Bitch (Daniela’s partner both on and off-screen) and JD from Le Tigre, stirred much attention for the film. They may not have many lines, but each woman, like Daniela with her boyish looks and soulful eyes and Bitch with her electrifying aura, makes a strong impression by virtue of her presence alone - a presence as powerful as only a dyke could deliver.

Text: Hisako Kondo

Translation: Chris

09.04.21