Tokyo Wrestling ピックアップの、クィアカルチャー関連の情報や日本開催のイベント。
Events in Japan and other information on queer culture hand-picked by Tokyo Wrestling.
Sorties ayant lieu au Japon et infos queer, sélectionnées par Tokyo Wrestling.
   







ミディアムショートフィルム『恋人はバンパイア』上映!
"Some Real Fangs" comes to Tokyo!
Films

『恋人はバンパイア』/『Some Real Fangs』

レズビアンとしてカミングアウトしているデズリ・リム監督が、2005年に監督/脚本/製作を手掛けたTVムービー『愛のカタチ』(「Floored by love」)。2006年の東京国際レズビアン&ゲイ映画祭でも上映され注目を集めた。

そんなデズリ・リム監督が2005年に監督/脚本/製作を手掛けたレズビアン・バンパイア・ダンス・コメディ『恋人はバンパイア』(「Some Real Fangs」)が、8月29(土)から9月25(金)に開催されるムービーフェスティバル“真夏の夜の万華鏡”で上映が決定。この“真夏の夜の万華鏡”では、山形国際ムービーフェスティバル・スカラシップ作品を特集し、国内外の短編映画の中から、選りすぐりの19本の短編作品と6本の長編作品がピックアップされた。

日本人監督の作品が大半を占めるなか、一際異彩を放っているこの『恋人はバンパイア』には、スタイリッシュ・レズビアンドラマ『Lの世界』のシーズン2(’05)でケリー・リンチ演じるトランスジェンダーのキャラクター、アイヴァン・アイコックの同僚を好演したルヴィア・ピーターセン(Luvia Petersen)が出演。その『Lの世界』では、出演の少ない脇役ながら際立ったダイクオーラでクールな印象を残した彼女だが、本作ではバンパイアの衣装をまといユーモアと茶目っ気たっぷりのダンスも披露するなど新たな魅力を見せている。

スクリーンでなかなか観る機会の少ないショートフィルム『恋人はバンパイア』を、是非劇場でチェックしてみては!

●『恋人はバンパイア』 (34分)(in 真夏の夜の万華鏡)
●監督:Desiree Lim/撮影:Brenton Spencer
●出演:Sepideh Saii、Natalie Sky、Luvia Petersen他
●9/8(火) 21:00~ @ユーロスペース2
●特別鑑賞券/¥1,300 当日券一般/¥1,500
●詳細:www.eurospace.co.jp

前売り券1200円、好評発売中!予約はdesireelimfilms@gmail.comまで
 

【STORY】
もうすぐ二十歳を迎えるタラは800年続くバンパイアの最後の後継者。 一人前のバンパイアになるためには、特別な月夜に運命の恋人とキスをしなければならないのであったが・・・。

文/近藤日咲子

------------------------

Out director Desiree Lim wowed audiences at the 2006 Tokyo International Lesbian & Gay Film Festival with "Floored by Love" (2005), a comedy that she wrote, directed, and co-produced for Canada's CHUM Television.

Later this month, fans in Tokyo will have a chance to catch Lim's 2005 lesbian vampire comedy “Some Real Fangs” at A Midsummer Night’s Kaleidoscope (Manatsu no Yoru no Mangekyo), a month-long film event featuring nineteen short films and six full-length films selected from films made by Japanese and international recipients of the Yamagata International Movie Festival Scholarship. The event starts on Friday, August 25th and lasts through Saturday, September 26th; "Some Real Fangs" will be showing on Tuesday, September 8th at 9:00pm.

While Japanese filmmakers make up roughly half of the selections at A Midsummer Night’s Kaleidoscope, “Some Real Fangs” stands apart from the rest, not only for its international flavor but also for its playful humor and wit. The cast includes Luvia Peterson, who appeared in Season 2 of The L Word as dashing mechanic Dax, a friend of Ivan (Kelly Lynch). In Lim’s film, Peterson gives sexy a whole new face as she dons fangs and a cape for a spectacular performance in this anything-but-ordinary romantic musical!

"Some Real Fangs" (34 minutes) at the Midsummer Night’s Kaleidoscope
Director: Desiree Lim; Cinematography: Brenton Spencer
Featuring: Sepideh Saii, Natalie Sky, Luvia Petersen
Tuesday, September 8 at 9:00pm, at Eurospace 2
●Special viewing tickets: 1,300 yen; At the door: 1,500 yen
For more information: www.eurospace.co.jp (Japanese)

Advance tickets (1200 yen) now on sale! To reserve, contact: desireelimfilms@gmail.com (English or Japanese OK)

【STORY】
In zany but slick Bollywood style, "Some Real Fangs" sheds moonlight on the adventures of Tara, a South Asian vampire wannabe, as she finds the magic of true love to help her grow her fangs.


09.08.01