Tokyo Wrestling ピックアップの、クィアカルチャー関連の情報や日本開催のイベント。
Events in Japan and other information on queer culture hand-picked by Tokyo Wrestling.
Sorties ayant lieu au Japon et infos queer, sélectionnées par Tokyo Wrestling.
   







Archive "2010年01月"

Music

東京シンフォニア

国際的ピアニストでMtFトランスセクシュアルとしてカミングアウトしている、サラ・デイヴィス・ビュークナーが1月27日(水)、東京シンフォニアとコンサートを予定。アカデミックで保守的と言われている業界で才能を発揮した異色のピアニストの一夜限りのライブを是非チェック!

後日、TWにてビュークナーのスペシャル・インタビューを掲載予定。自身のトランスとしての経験やホモフォビア、トランスフォビア、現在結婚している日本人の妻などについてフランクに語ってもらった。お楽しみに!

●MOZART BIRTHDAY SERENADE
●1月27日(水)
●開場:18:30 開演:19:00
●東京メソニックセンター、ゴールデンホール
(港区芝公園4-1-3 日比谷線・神谷町駅)
●TICKET: 6000円(グループの場合は、1人5500円)
●お問い合わせ: info@tokyosinfonia.com  ℡(03) 3588-0738
●オフィシャルサイト/www.tokyosinfonia.com
 
-------------------------------------------------------------------------------

Sara Davis Buechner, a world-renowned American transgendered pianist, will perform three of Mozart's Piano Concertos with Tokyo Sinfonia on January 27th, on the composer's 254th birthday.

●MOZART BIRTHDAY SERENADE
●Wednesday, January 27
●Open 18:30 Start 19:00 (Followed by reception to meet the artists)
●Golden Hall of the Tokyo Masonic Center
Minato-ku, Shibakoen 4-1-3 (Kamiya-cho Station, Hibiya Line)
●Tickets: single 6,000; group 5,500 each (Proceeds go to Freemason charities)
info@tokyosinfonia.com  ℡ (03) 3588-0738
www.tokyosinfonia.com


★Coming Soon: an exclusive interview with Sara Buechner on TW! She'll talk about the process of transitioning, homophobia and trans-phobia in America and Japan, her Japanese wife and rebuilding her career to become an inspiration for students and audiences around the world. Please come back and check later!

★On Buechner's background, please click MORE↓



» MORE


10.01.24




Books

大塚隆史

「長い付き合いを応援する」新宿3丁目にある老舗のゲイバー『タックスノット』の店主、大塚隆史さんが自らの経験を元に説く、二人が一緒にいるために必要な「技術」。大塚さん自身の具体的な体験談を挙げながら、独自の「幸せになるためのパートナーシップ論」を提示。

また、パートナーシップというテーマに限らず、多くのゲイやクィアにずっと愛され続けてきた伝説のバー『タックスノット』のオープン秘話や大塚さんがこだわったバーの趣旨も綴られ、70年代後半から日本のゲイが置かれている状況や新宿2丁目の変化なども垣間見られて読み応えのある内容。TWリコメンドの絶対に永久保存の1冊!!

●著者プロフィール
大塚隆史
一世を風靡したラジオ番組『スネークマン・ショー』に参加し、まだゲイについて肯定的な情報が少なかった時代にゲイのポジティブな生き方を発信した先駆者的な存在。1982年にゲイバー『タックスノット』を新宿に開店。現在に至るまで多くのゲイやレズビアンの相談相手として幅広い支持を得ている。同店の人的交流をベースに生まれた別冊宝島のゲイ三部作『ゲイの贈り物』『ゲイのおもちゃ箱』『ゲイの学園天国!』(すべて宝島社)を責任編集。著書に『二丁目からウロコ』(翔泳社)、訳書に『危険は承知/デレク・ジャーマンの遺言』(発行・アップリンク/発売・河出書房新社)がある。また、長年にわたり造形作家として数多くの作品を生み出し、独特の世界観を披露し続けている。


タイトル/二人で生きる技術  幸せになるためのパートナーシップ
著者/大塚隆史
カバー写真/森栄喜
価格/ 2,310円(税込)
出版社/ポット出版
発行/2009年10月29日
ISBN978-4-7808-0135-4 C0095

------------------------

Takashi Otsuka, owner of the established gay hangout Tac’s Knot in Shinjuku's Sanchome, has just written an insightful book* on what it takes to stay together based on his own experiences. As he shares stories of past relationships, Otsuka brings to light his own theory of “Partnerships for Happiness”.

And the book does not limit itself to the topic of partnerships alone. It also contains anecdotes of the deeply-loved Tac’s Knot’s earliest days and even provides glimpses into what it was like to be gay in Japan in the late 1970’s and the subsequent changes in Nichome. TW enthusiastically recommends this book for Japanese readers!

*Available in Japanese only.

【Author profile: Takashi Otsuka】
Takashi Otsuka, part of the much-lauded radio program “Snakeman Show” (late 1970s-early 1980s), served as a trailblazer by communicating information on living affirmatively as a gay person, in a time when positive information was sorely lacking. He opened Tac’s Knot in Shinjuku in 1982 and, in the decades since, countless gay men and women have flocked to the bar for both atmosphere and advice. Otsuka edited the trilogy Gei no Okurimono, Gei no Omochabako, and Gei no Gakuen Tengoku (published by Takarajima-Sha) and wrote Nichome kara Uroko (published by Shoei-Sha). He also translated Derek Jarman’s At Your Own Risk into Japanese (Kiken ha Shouchi: Derekku Jaaman no Igon; published by Uplink, sold through Kawade Shobo Shinsha).


●Title: Futari de Ikiru Gijutsu: Shiawase ni Naru tame no Paatonaashippu*
(The Art of Living Together: Partnerships for Happiness)
*Available in Japanese only
●Author: Takashi Otsuka
●Cover Photo: Eiki Mori
●Price: 2,310 yen (tax incl)
●Publisher: Pot Shuppan
●ISBN: 978-4-7808-0135-4 C0095

★To return to Tokyo Wrestling's homepage, follow the link here.



10.01.23




Upcoming Events

fancyHIM


Tokyo's most cutting edge electro party !!
   
2010 2/6 sat @BAR Hijouguchi

●open 22:00
●2500yen (1D)
●2000yen (1D WITH FLYER *before 24:00)


[SPECIAL GUEST DJs]

YONE a.k.a 米原 康正

[LIVE]

Trippple Nippples

[DJs]

FLASH & ROXY, DJ ANITA san, HIDEO, Kaskay
SHIZUKU, LEO, 電気羊, DETTO K, YES NO pillows

[VISUAL]

vj mojoVisions


more info ↓
(www.fancyhim.com )



10.01.21




Films

ハッシュ

今月1月30日(土)に、立命館大学人間科学研究所・立命館大学生存学研究センター主催のシネマで学ぶ「人間と社会の現在」シリーズ4『生きがたさのなかで-子どもと希望-』が開催予定。そのなかで、『渚のシンドバッド』('95)や『ぐるりのこと。』('08)などで話題を呼び、ゲイとしてもカミングアウトしている橋口亮輔監督の映画『ハッシュ!』('01)が上映。

カンヌ国際映画祭等で数々の映画賞を受賞したこの作品は、ゲイ男性のカップルと彼らに精子提供を依頼する女性との出会いを主軸に、ゲイを自然かつモダンに描いている映画。まさに、シリーズ4のテーマ「子どもに見出される希望」と「子どもが生きるための希望」にぴったりなセレクション。

また、上映後には橋口監督と『クィア・スタディーズ』(岩波書店)などの著者である河口和也(広島修道大学教授)の貴重な対談が繰り広げられる。行ける方は絶対に行くべし!

●シネマで学ぶ「人間と社会の現在」シリーズ4『生きがたさのなかで-子どもと希望-』
第11回『ハッシュ!』対談:橋口亮輔監督×河口和也(広島修道大学教授)
●日時/2010年1月30日(土) 13:00開場 13:30開演(16:30終了予定)
●会場/立命館朱雀キャンパス5F大講義室(ホール)
●入場料/¥800 立命館大学職員・学生 京都シネマ会員 ¥500 当日13:00よりチケットの販売開始
●イベントの詳細/ www.ritsumeihuman.com/cinema


●『ハッシュ!』
●2001年/日本/135分
●監督/橋口亮輔
●出演/田辺誠一、 片岡礼子、高橋和也ほか
●公式サイト/ www.cine.co.jp/hush

------------------------

On Saturday January 30, The Ritsumeikan University Institute of Human Sciences and Research Center Ars Vivendi will host the latest installment in the Learning Through Cinema series, "People and Society Today: Series 4. Children and Hope" featuring a screening of the 2001 film, "Hush!" by out Japanese director Ryosuke Hashiguchi.

Following the film, there will be a discussion (in Japanese) between Hashiguchi and Professor Kazuya Kawaguchi, author of the Japanese book, Queer Studies (Iwanami Shoten).

●Learning Through Cinema - "People and Society Today"
Series 4 'Children and Hope'; Part 11 "Hush!"
with Director Ryosuke Hashiguchi and Professor
Kazuya Kawaguchi (Hiroshima Shudo University)

●Date: Saturday, January 30
Venue opens at 13:00; Event starts at 13:30 (Concludes at 16:30)
●Venue: Grand Lecture Room, 5th Floor of the Ritsumeikan Suzaku Campus
●Entry fee: 800 yen;
(Ritsumeikan students & staff and Kyoto Cinema members: 500 yen)
Tickets on sale from 13:00 on January 30
●Event information: www.ritsumeihuman.com/cinema (Japanese)


●Hush!
●2001/Japan/135 minutes
●Director: Ryosuke Hashiguchi
●With Seiichi Tanabe, Reiko Kataoka, Kazuya Takahashi
●Official website: www.cine.co.jp/hush (Japanese)



10.01.08




1