Tokyo Wrestling ピックアップの、クィアカルチャー関連の情報や日本開催のイベント。
Events in Japan and other information on queer culture hand-picked by Tokyo Wrestling.
Sorties ayant lieu au Japon et infos queer, sélectionnées par Tokyo Wrestling.
   







Archive "2010年03月"

Art

『緑の服の女』

1920年代~30年代にかけてヨーロッパを席巻したアール・デコの時代を代表する画家タマラ・ド・レンピッカ (1898~1980年)。レンピッカは、ワルシャワの良家に生まれ、ロシアとスイスで思春期を過ごし、18歳で若い弁護士と結婚。しかし、翌年のロシア革命を機にパリへ亡命、時代に翻弄されながらも女性の自由な生き方を実践し、狂気の時代とも呼ばれた1920年代のパリで独特の作風により、画家として一躍注目された。

『イーラ・Pの肖像』

私生活では女性とも数々の浮名を流し、その自由奔放な振る舞いでも有名に。円熟期にあった1930年に描いた《イーラ・Pの肖像》のモデルは彼女の初めての女性の恋人とも言われている。また、アンドロジナスなルックスで、低い声でレズビアンの恋を歌い上げた人気歌手シュジー・ソリドールをモデルに1933年に描いた《シュジー・ソリドールの肖像》は、ソリドールからの依頼で、レンピッカはヌードで描くという条件で承諾したという。

『シュジー・ソリドールの肖像』

前述のイーラとはイタリアに旅行に行き、そこで数々のレズビアンパーティに参加したと言われている。なかでも、英詩人・作家のヴィタ・サックヴィル=ウェストやその恋人のヴァイオレット・ケッペル=トレフューシス、仏作家でレズビアン/バイセクシュアルと言われているコレット等のサークルにも通っていた。

レンピッカの作品は、70年代にアール・デコの再燃とともに再評価され、また、女性のヌードをレンピッカ特有の官能さとオリジナリティ溢れる描き方から、多くのレズビアンやバイセクシュアル女性のファンを獲得し続けている。

当時にしてモダンな女性の人生を歩んだレンピッカの個性豊かな作品を、時代背景とともに辿る『美しき挑発 レンピッカ展』に是非、足を運んでみては!

●『美しき挑発 レンピッカ展』
会期:開催中-5月9日(日) 
開催期間中無休
開館時間 10:00-19:00(入館は18:30まで)
※毎週金・土曜日21:00まで(入館は20:30まで)
会場:Bunkamuraザ・ミュージアム
お問合せ:レンピッカ展テレフォンサービス
03-6215-4408(24時間/自動音声対応)

○入館料(税込)
一般:1,400円
大学・高校生:1,000円
中学・小学生:700円

文/近藤日咲子・カイザー雪


------------------------

Tamara de Lempicka Seduction of Elegance

Tamara de Lempicka (1898-1980) is one of the most outstanding painters of Art Deco, an art movement which dominated Europe during 1920s and 1930s. Lempicka was born to a wealthy family in Warsaw and spent her teenage years in Russia and Switzerland. She married a young lawyer at the age of 18, and escaped to Paris when the Russian Revolution broke out. Nonetheless, she led a free-spirited life and her distinctive artistic style put her in the limelight during the Roaring 20s in Paris.

Her affairs with women became famous, too. The model of Portrait of Ira P (1930), who she painted in her most prosperous years, is said to be her first female lover. Lempicka also painted Suzy Solidor, a popular singer who sang lesbian love songs. Suzy asked Lempicka to paint her, but she would only do so if she could paint Solidor in the nude. Solidor agreed and Portrait of Suzy Solidor was finished in 1933.

Together with Ira, Lempicka traveled to Italy and became closely associated with lesbian women in writing and artistic circles. Members included lesbian and bisexual French writer Colette, English writer and poet Vita Sackville-West and her lover Violet Trefusis.

In the 70s, Art Deco came back in style and Lempicka's work was rediscovered by the new generation. The unique sensuality of her nude portraits and her overpowering style continues to attract lesbian and bisexual female admirers.


●Tamara de Lempicka Seduction of Elegance
Showing: Until Sunday, May 9th (Open every day during the exhibition)
Hours: 10:00-19:00 (Admission permitted until 18:30)
※Opened until 21:00 on Fridays and Saturdays (Admission permitted until 20:30)
Venue: Bunkamura THE MUSEUM
Information: 03-6215-4408 (24hrs. / Automated Phone System / Japanese)

○Admission (Tax included)
Adult: JPY 1,400
College/HS Student: JPY 1,000
JHS Student/Child: JPY 700



10.03.26




Films

 『フィリップ、きみを愛してる!』

Tokyo Wrestlingでは、Notesでもいち早く取り上げていた映画『フィリップ、きみを愛してる!』が3月13日(土)より新宿ピカデリー他、全国ロードショー決定! 

本作の基になったのは、懲役167年を科せられ、現在もテキサスの刑務所に収監されているIQ169の天才詐欺師のスティーヴン・ラッセルの人生を綴ったドキュメンタリー小説『Ⅰ Love You Phillip Morris』。劇中のエピソードは全て実話で、スティーヴンが獄中で恋に落ちたフィリップに“愛してる”と伝えるため、全人生を賭けて詐欺と脱獄を繰り返す姿がユーモアたっぷりに描かれる。

『フィリップ、きみを愛してる!』

そんな信じられないような実在の人物、スティーヴンを演じるのは、シリアスからコメディまでユニークな役を得意とする演技派俳優のジム・キャリー。そのお相手を務めるのは、『スター・ウォーズ』シリーズのユアン・マクレガー。ふたりのラヴリーで熱いカップリングにより、愉快でせつない最高のラブストーリーが誕生した!

今回は、そんなステキな映画『フィリップ、きみを愛してる!』の日本公開を記念して、キュートな限定缶バッチをTW読者5名様にプレゼント! ふるってご応募ください!!

『フィリップ、きみを愛してる!』

●『フィリップ、きみを愛してる!』
原題:Ⅰ Love You Phillip Morris
監督/脚本:グレン・フィカーラ、ジョン・レクア
製作総指揮:リュック・ベッソン
出演:ジム・キャリー、ユアン・マクレガー、レスリー・マン、ロドリゴ・サントロ
2009年/フランス/1時間37分
提供:ヨーロッパ・コープ/製作:マッド・チャンス/輸入元:ヨーロッパ・コープジャパン
配給:アスミック・エース 
3月13日(土)より新宿ピカデリー他、全国ロードショー
Photos:Patti Perret ©2009 EUROPACORP

★オフィシャルサイトはこちら↓
http://iloveyou.asmik-ace.co.jp

●ご応募は、こちらまで。
締め切り/3月12日(金)
●記入項目
・ お名前(フルネーム)
・ 住所
・ 電話番号
・ TWへのコメントやご感想など
※当選者の発表は直接当選者へメールにてご報告させていただきます。


------------------------

The movie “I Love You Phillip Morris” is set for release in Japan on March 13th, showing at Shinjuku Piccadilly and other theatres nationwide.

The film is based on the real life events of Steven Jay Russell, a gay and genius con artist who currently is serving a 167-year sentence in a Texas prison. The movie humorously depicts how Steven escapes from prison multiple times and pull big-time cons just to be reunited with his cell mate, Phillip, and to tell him “I love you”.

Two very unique actors star in this comedic and bittersweet love story; Jim Carey (Steven Jay Russell), and Ewan McGregor (Phillip Morris). What a great ‘couple’!

We have 5 cute pins to give away to our TW readers! Enter the draw now!!

●”I Love You Phillip Morris”
Directors - Glenn Ficarra and John Requa
Executive Producer - Luc Besson
Starring - Jim Carey, Ewan McGregor, Rodrigo Santoro
2009/France/97 min
Sponsor - EUROPACORP/Production - Mad Chance/Import - EUROPACORP JAPAN
Distributed by Asmik Ace
Showing from March 13th at Shinjuku Piccadilly and theatres nationwide
Photos: Patti Perret ©2009 EUROPACORP

★For more info on the movie ”I Love You Phillip Morris”, follow the link here.

●Enter the draw from here and send following info. (Deadline: March 12th)
Your
- Full name
- Address
- Phone number
- Comments or feedback to TW
※Winners will be notified by email.

kanrenkiji.jpg
【ジム・キャリー主演のゲイムービー】
ジム・キャリーとユアン・マクレガーの大物俳優がゲイカップルを演じる、話題のゲイムービー『I Love You Phillip Morris』
line.gif
【映画『ミルク』レズビアン役&監督のインタビュー】
ガス・ヴァン・サント監督の最新作『ミルク』でレズビアン役を演じた女優アリソン・ピル、また、監督へのインタビュー
【米・西海岸のゲイプライドをピックアップ】
ヒップでホットなLAのゲイ・プライドと、クィアのメッカともいわれるサンフランシスコのゲイ・プライドをレポート


10.03.17




Upcoming Events

fancyHIM


Tokyo's most cutting edge electro party !!
   
2010 4/3 sat @BAR Hijouguchi

●open 22:00
●2500yen (1D)
●2000yen (1D WITH FLYER *before 24:00)


[SPECIAL GUEST DJs]

VERBAL(m-flo)

[DJs]

PELI, DJ ANITA san, HIDEO, Kaskay
SHIZUKU, LEO, 電気羊, DETTO K, YES NO pillows

[VISUAL]

vj mojoVisions


more info ↓
(www.fancyhim.com)



10.03.16




Upcoming Events

DJ Tikka

chief&mischief, Tokyo Wrestling, Pample+Mousse present BHANGRA KLASH!

feat. DJ Tikka Masala. Friday, April 9 at Club Wire in Shinjuku.

NYのクィアシーンでも大人気のハンサムガールなDJTikkaが来日予定!! ニューヨークを拠点に、Sputnikのパーティー、WednesgayzでレジデントDJとして活躍している彼女。また、Trent Brooksと共に立ち上げたパーティーThat's My Jamのほかにも、TWでも先日取り上げたThe GossipやJD Samson、Murray Hillなどともプレイし、人気急上昇中! 

今回の来日、東京でのプレイは、強烈なインパクトを残すはず!! TWも遊びに行く予定!!

●ディスカウント予約: info@chiefandmischief.com
●Place/Club Wire, Shinjuku: 東京都新宿区新宿5-17-6-B1
(wire.meeeplus.net/access)
●Date/4月9日(金)
●Doors/9pm
20歳未満の入場をお断りしています。
写真付きIDをご持参ください。
www.myspace.com/djtikkamasala
●chief&mischiefのオフィシャルサイト/www.chiefandmischief.com

DJ Tikka PROFILE
インド・コルカタで1923年から続くオルガン製作一家に生まれる。幼少時代からインド古典声楽を習っていた経験、さらにインド、ニュージャージー、オークランド、カリフォルニア、現在ブルックリンと、個性の異なる多くの土地で過ごした経験が、彼女の創る音楽に強く影響を与えている。

DJ Tikka

DJ Tikka

------------------------

chief&mischief, Tokyo Wrestling, Pample+Mousse present BHANGRA KLASH!

feat. DJ Tikka Masala. Friday, April 9 at Club Wire in Shinjuku

A night of Basement Bhangra sound. YES... THAT'S RIGHT!!!!! Bhangra!!!!!!!!!!!!!

DJ Tikka will be joining us to play a set. She just started a six month residency at Sputnik (NYC) called Wednesgayz... she runs That's My Jam with Trent ... she DJ's at the Rubin Museum and The Bell House (NYC) ... and she's been on stages, or rocking after-parties, for Toshi Reagon, Meshell N'Degeocello, Talib Kweli, DJ Premier, Jean Grae, MC Lyte, TV on the Radio, The Gossip, Murray Hill, and more!

She comes from a family of instrument builders in Kolkata, India, that's been building harmoniums since 1923. The music she makes is strongly influenced by all of the different places she's lived: from India to New Jersey, from Oakland, California to, now, Brooklyn.

We are really really excited to host her ... and so ready to jam in Tokyo!

●RSVP: info@chiefandmischief.com
●Place/Club Wire, Shinjuku: 東京都新宿区新宿5-17-6-B1
(wire.meeeplus.net/access.html)
●Date/4 April 2010
●Doors/9pm. 20+ w/I.D.
www.myspace.com/djtikkamasala
www.chiefandmischief.com



10.03.16




Films

『シスター・スマイル』

1960年代のベルギーで「シスター・スマイル」として前代未聞のレコード・デビューを果たした実在したシスターの生涯を描いた映画。女性と付き合っていた彼女に扮するのは、『スパニッシュ・アパートメント』(’02)などでもレズビアン役を熱演し、そのハンサムなルックスと確かな才能からレズビアンに大人気の女優セシル・ド・フランス。是非チェックを!

●『シスター・スマイル ドミニクの歌』
原題:SŒUR SOURIRE
監督:ステイン・コニンクス
出演:セシル・ド・フランス、サンドリーヌ・ブランク、クリス・ロメ
制作:エリック・ウーマン
2009年/フランス=ベルギー/125分
配給:セテラ・インターナショナル 

★映画祭での詳細はこちら↓
http://unifrance.jp/festival/films/

『テルマ、ルイーズとシャンタル』

ゲイ男性がアンドロジナスな女性に惹かれるストーリーのカルト映画『ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ』(’76)などに出演するなど、クィアたちに愛され続けている女優ジェーン・バーキン。そんな彼女の最新作『テルマ、ルイーズとシャンタル』がフランス映画祭2010にて公開予定。

本作が初監督作品となるブノワ・ペトレ(Benoît Pétré)は、自身の母親とその友人たちのパワフルな生き方をイメージしながら「女たちによる女たちのための旅物語」を企画。3人の女性が昔の恋人の結婚式に出席するために、一緒に小旅行をする波瀾に満ちたユーモラスで感動のロードムービー。

出演するのはフランスを代表する個性派女優陣。カトリーヌ・ジャコブ、カロリーヌ・セリエ、そしてジェーン・バーキンが、いつまでも恋や遊びに生きるポジティブな女性像を体現する。レズビアンテイストを含む米フェミニスト・カルト映画『テルマ&ルイーズ』(’91)から題名をインスパイアした、すべての観客を元気にする女性賛歌! いつまでも生き生きとした女性の姿をありのままに描く本作を、ぜひチェックしてみて!

●『テルマ、ルイーズとシャンタル』
原題:THELMA, LOUISE ET CHANTAL
監督:ブノワ・ペトレ
出演:ジェーン・バーキン、キャロリーヌ・セリエ、キャトリーヌ・ジャコブ
制作:ヴェラーヌ・フレディアーニ、フランク・リビエール
2010年/フランス/90分
海外販売:Other Angle Pictures 

★映画祭での詳細はこちら↓
http://unifrance.jp/festival/films/



10.03.15




1