Tokyo Wrestling ピックアップの、クィアカルチャー関連の情報や日本開催のイベント。
Events in Japan and other information on queer culture hand-picked by Tokyo Wrestling.
Sorties ayant lieu au Japon et infos queer, sélectionnées par Tokyo Wrestling.
   







ミュージカル『ラ・カージュ・オ・フォール』 上演予定
"La Cage Aux Folles" in Japan
Music

ラ・カージュ・オ・フォール.jpg

フランスのカルト的ゲイ・ミュージカル「ラ・カージュ・オ・フォール」が4年ぶりに日生劇場で再演! 1973年の初演から大ヒットし続け、映画化もされ、3作目までつくられた初のゲイ映画(邦題:『Mr.レディ Mr.マダム』)となったこの傑作をお見逃しなく★

【STORY&COMMENT】
舞台は南フランスのリゾート地サントロぺにあるゲイキャバレー「ラ・カージュ・オ・フォール」。オーナーのジョルジュ(鹿賀丈史)と神経質だけど憎めないクラブのディーバ、"ザザ"ことアルバン(市村正親)は、20年間ともに暮らしているおしどりゲイカップル。しかしジョルジュには24年前のたった一度の過ち(?)から生まれた息子ジャン・ミッシェル(原田優一)がいる。そんなジャンが突然結婚を宣言し、恋人アンヌ(愛原実花)の保守的な両親・ダンドン議員夫妻(今井清隆・森公美子)が会いに来ると告げる...。

【クィア・プチ情報】
アルバン役がステレオティピカルかつコミカルな役柄という理由で、当時一部のゲイが不快に感じた同作品。けれども、購買力を持ち、70年代のフランスの小さな街で、カミングアウトし一般市民と自然に共存するゲイカップルの明るいライフスタイルを描いたミュージカルは、当時にしては肯定的かつ画期的とも言える。ちなみに、84年にゲイをテーマにした初の最優秀ミュージカルとして選ばれたのだ。さらに96年には、『バードケージ(原題:The Birdcage)』というタイトルでアメリカで再映画化され、ロビン・ウィリアムスが主演を好演するほどの人気ぶりも博している。是非Tokyo Wrestling読者にも観てもらいたい!

『ラ・カージュ・オ・フォール』
●公開/日生劇場 他
●原作/ジャン・ポワレ
●演出/山田和也
●出演/鹿賀丈史、市村正親、原田優一、森公美子 他
●オフィシャルサイト/www.tohostage.com/lacage

------------------------

"La Cage Aux Folles"
Place/Nissay theater
Official site/www.tohostage.com/lacage

シェア
kanrenkiji.jpg
【『ヴォイス・オブ・ヘドウィグ』監督インタビュー】
監督に映画の舞台であるハーヴェイ・ミルク・ハイスクールや監督自身のセクシュアリティなど語ってもらった
line.gif
【新作映画『サガン ―悲しみよ こんにちは―』】
09年6月に公開された作家フランソワーズ・サガンの波瀾万丈な生涯を描いた映画『サガン ―悲しみよ こんにちは―』

11.12.21