Tokyo Wrestlingエディターズの編集後記。編集にまつわる裏話や、世界をまたぐTokyo Wrestlingフレンズからのお便りを紹介。
Personal notes from our editors. Also discover postcards from TW friends around the world!
Notes personnelles des editrices. Decouvrez aussi les messages des Tokyo Wrestling friends du monde entier.













Archive "2008年10月"

Y.keiser2008

* Japanese posts precede their corresponding English translations. For English, click here or <English> in the left-side menu.

ホットレズビアン・ランキング[List B]


先日、List B「抱かれたいレズビアン・キャラクター」ランキングを掲載させていただきましたが、みなさんいかがでしたか?

前回のListAよりはマニアックにならないようTWスタッフ一同努めましたが(笑)、みなさんのご期待に添えましたでしょうか?

そして、みなさんのナンバーワンは…? 

ちなみに私の一位は、断トツ『ウーマン・ラブ・ウーマン』のエイミー(笑)。でも、『スパニッシュ・アパートメント』のイザベルも素敵だし、『バウンド』のコーキーも格好いいし、『Go!Go!チアーズ』のグレアムも何だかほっとけないし(笑)、『D.E.B.S.』のルーシーも捨てがたいし…(笑)。もうキリがないです!!(笑)。

彼女たちは本当に素敵なキャラクターでみんな甲乙つけがたいのですが、今回も厳正なる「ダイク定義」に基づき、TW編集部で何度もディスカッションを重ね、作成したリストです。今回は映画やドラマの中のキャラクターですが、選考基準は前回のListAと同様、「ダイクカルチャーでの支持度」、「ダイクなライフスタイル・アティチュード」というコンセプトを優先させてもらいました。

そんな中、「本当は1位に選びたかったけどノミネートできなかった」キャラクターが…。もうお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、『ラスト・フレンズ』の瑠可です。

ドラマが始まった当初、すでにこのリストの作成が始まっていましたので、ドラマを観ながら「1位は瑠可だ!!」と、外国人ばかりになりがちなランキングの1位に日本のキャラクターを選べることに興奮していました(笑)。

瑠可の一途で熱い瞳、ちょっぴり切ない表情、一生懸命頑張るけなげな姿、ピュアで優しい心、そして綺麗なベビーフェイス! 1位ですよね!! しかし、ストーリーが進むにつれ、レズビアンではなく、性別違和症候群という設定であることがだんだんと見えてきて、そういうグレーゾーン的な存在も素敵と思いながらも、ノミネートしたら瑠可に「自分はレズビアンじゃない」と怒られそうだったので(笑)、渋々断念(笑)。

やっぱりTOP10を選ぶのは楽しいのだけど意外にも難しいことで、リストから漏れてしまった魅力的なダイクは数知れず…。なので、来年はみなさんの投票に基づいたリストもつくってみようと思いますので、そのときは是非参加してくださいね!

それまでは、まずはmixiで今回のリストについて投票を行おうと思います。SNSサイトmixiのTWコミュニティ内で、現在投票できますので、あなたの熱い一票をお待ちしております! また、コメントや意見のある方も、どうぞお気軽に書き込みをしてみてください!

TW Mixiコミュニティ
http://mixi.jp/view_community



08.10.28




Asami

* Japanese posts precede their corresponding English translations. For English, click here or <English> in the left-side menu.


こんにちは、エディター&バイヤーの浅海です。

先日、中目黒にあるUSED&セレクトショップililのリニューアルパーティへ行ってきたのでその様子をお届け。

今年4月に原宿でオープンし、その後中目黒に移転、そしてさらに同じ建物の二階から一階へ、カフェ・バーNicheの一角へ場所を移し、リニューアル。

以前ここでもご紹介した、新宿二丁目のUSED&セレクトショップCANDYでバイヤーを務めていたレイチェルさんが新たに始めたのが、このilil。

ililリニューアルパーティ/レイチェルさん
※レイチェルさん(写真左)

5PREVIEWCHEN HU RENなど、独自のセンスでセレクトした国内外の新鋭デザイナーの商品を多く取り扱い、感度の高い顧客が多いことでも知られるililのリニューアルパーティとあって、多くのファッション関係者&クィアな面々が駆けつけ、大盛況!


ililリニューアルパーティ


ilil_leo_peri.jpg
※一緒に行ったTWオンラインショップでもお馴染みの二人、fancyBOYSのLEOくん&スタイリストのPERIちゃん


ililリニューアルパーティ
※Triple Nipplesのクレアちゃん&PERIちゃん

ililリニューアルパーティ


ililは毎週土曜のみの営業。読者のみなさんも是非足を運んでみてください!

www.ililtokyo.com


★Tokyo Wrestlingのホームページは、こちら



08.10.26




Y.keiser2008

* Japanese posts precede their corresponding English translations. For English, click here or <English> in the left-side menu.

さきほど(10月22日)、いまニューヨークで最も注目されている若手デザイナーのひとり、シャーロット・ロンソンの09年春夏コレクションのファッションショー&アフターパーティが東京で開催され、取材に行ってきました! 今回もシャーロット・ロンソンのコレクションは、ガーリッシュでキュートなデザインの中に辛口なテイストが光っていて、ショーもいままでに増してクールでした。来春、大注目間違いなし!

今回のファッションショーでは、インヴィテーションにも「Special guest from Hollywood」と掲載されていた通り、シャーロットの双子の妹であるサマンサとのホットな交際が話題で、ロンソンファミリーと大の仲良しとしても知られる女優のリンジー・ローハンの登場が期待されていました。リンジーの華やかな登場に一同感激し、彼女もとてもチャーミングで終始にこやかでした。


シャーロット・ロンソン&リンジー・ローハン
※ショーの終わりに、ランウェイを歩くデザイナーのシャーロット・ロンソン(左)とリンジー・ローハン。ハッピーさ溢れるリンジーの笑顔がキュート☆ 携帯画像なので荒いですが、まずは先駆けで写メールを!


音楽は、もちろんサマンサ・ロンソンが担当! ショーの後、青山のクラブ、ル・バロンにてアフターパーティが催され、そこでも彼女がDJを。


DJサマンサ・ロンソン/ル・バロン
※ル・バロンでもフロアを沸かせたDJサマンサ・ロンソン。


生サマンサは写真で見るよりさらにイケタチで、TOO HOT!!!!


★ファッションショーやアフターパーティのレポートは、こちら


★シャーロット・ロンソンのオフィシャルサイト↓
www.sanei.net/brands/cr



08.10.23




<The L word>

* Japanese posts precede their corresponding English translations. For English, click here or <English> in the left-side menu.

こんにちは、エディター&バイヤーの浅海です。

オープン以来大好評のTokyo Wrestlingオンラインショップですが、ついに話題のこの商品が届きましたのでご紹介。

『Lの世界』で衣装デザインを手がけた、米レズビアンシーンで爆発的な人気を誇るブランド「RIGGED Out/fitters」から、ドラマで実際にカルメンが着用していたモデル「Thirsty Mermaid」が入荷!


RIGGED Out/fitters


今回入荷したものは、実際にカルメンが着用していたものに、さらに生地やプリントの質感へのこだわりをプラスしたスペシャルバージョン。USED加工が施されたやわらかなメランジ状の生地に、以前ここでもご紹介した「Lady Killer」シリーズでもお馴染みのマーメイドを大きくプリント。


RIGGED Out/fitters


30年代の海軍の男たちがこぞってタトゥーにするような、グラマラスなピンナップ調のマーメイドのイラストに、「Thirsty Mermaid's Milk Bar(喉を枯らした人魚たちのミルクバー)」のフレーズ。

一見何の変哲もないヴィンテージ・テイストのTシャツにも見えますが、セクシーな女を賞賛するマッチョな男中心のピンナップ文化を逆手にとり、自分たちのものにした、米ダイクカルチャーならではの粋なアティチュードが感じられるデザイン。また、このフレーズが示唆する、ビールよりミルク(=胸)のほうが好きそうなマーメイドも、さらにダイクデザイナーならではの皮肉。

『Lの世界』の撮影現場に招待され、実際に女優たちと過ごす中でデザインをしたというこのシリーズ。まさに情熱的でエキゾチックな魅力のあるカルメンにぴったり。『Lの世界』ファンは要チェック!


★商品の詳細は、こちら

★「RIGGED Out/fitters」デザイナー、パリサ・パルニアンのインタビューはこちら




08.10.21




Asami

* Japanese posts precede their corresponding English translations. For English, click here or <English> in the left-side menu.

こんにちは、エディター・バイヤーの浅海です。
昨日に引き続き、今日は編集長のカイザーさんとTOKYO L GIRLS SNAPでもお馴染みの写真家の戸崎美和さんと、MOTEL#203へ行ったことについてお届けしたいと思います。

毎週土曜は各界で活躍する女性DJをフィーチャーしていて、今回はTWオンラインショップでもお馴染みのPERIちゃんがDJということで、編集部で応援に!

PERIちゃん
※内装がとってもおしゃれなMOTELでPERIちゃんがDJを。

PERIちゃん

いつものフロアでのプレイとはまたひと味違う、80年代ポップスやニューウェーブを中心としたPERIちゃんならではの通な選曲が心地よく、隠れたクィアな名曲もあったりで、編集部と戸崎さんも思わず「この曲!」となってしまうこともしばしば。

サービスの行き届いた落ち着いた大人な空間に、美味しいお酒、エッジィな音楽、長年日本のLシーンをリードしてきたオーナーのCHIGALLIANOさんの素敵なおもてなし&Lトークに、とても楽しい一時を過ごせました。

店内には、『GISELe』など当サイトが掲載された雑誌や、INFOでご紹介した雑誌や本なども置いていただいていて感激! ありがとうございます!!

書店で見逃した読者の方は是非ここでもチェックしてみてください!

PERIちゃん
※ 当サイトを毎日読んでくれているというPERIちゃん。キュート!

Photos by 戸崎美和


MOTEL #203

GOLD FINGER



08.10.13




Asami

* Japanese posts precede their corresponding English translations. For English, click here or <English> in the left-side menu.

こんにちは、エディター&バイヤーの浅海です。

昨日、fancyHIMのレジデントVJとしてもお馴染みのRE:RE:RE:mojojoの1st EXHIBITIONレセプションパーティが、新宿二丁目にあるファッショニスタなどに人気のUSED&セレクトショップCANDYで開催されていたので行ってきました!


RE:RE:RE:mojojo/CANDY
※RE:RE:RE:mojojoの1st EXHIBITIONレセプションパーティ@CANDY


RE:RE:RE:mojojoちゃんは、アート・ファッションを独自の解釈で紹介するオーストラリアのウェブマガジン「NOTHING MAGAZINE」で、JEREMY SCOTT、Amie Dicke、荒木経惟らと並んで特集を組まれるなど、いま世界的にも注目を浴びている若きグラフィックアーティスト。


RE:RE:RE:mojojo/CANDY
※RE:RE:RE:mojojoちゃんの作品


今回は、彼女の過去アーカイブ作品と、CANDY店内の壁面に新たに製作した巨大なコラージュ作品が展示。 展示に合わせてデザインしたTシャツなど、オリジナルプロダクツもCANDYで発売中なので、要チェック!


RE:RE:RE:mojojo/CANDY
※RE:RE:RE:mojojoちゃんとCANDYのコラボTシャツ


レセプションパーティには、fancyHIMレジデントDJのkaskay& ANITA-san、最近DJとしての活躍も目覚ましいfancyBOYSのLEO&シズクなども駆けつけ、店内でDJも。


fancyBOYSのLEO&シズク/RE:RE:RE:mojojo
※DJ中のfancyBOYSのLEO&シズク。


fancyBOYSのLEO&シズク/RE:RE:RE:mojojo
※いつもキュートなルックスのfancyBOYSのLEO&シズクと、RE:RE:RE:mojojoちゃん(右)


展示は11/27(thu)まで開催しているので、読者の皆さんも是非足を運んでみてください!

●RE:RE:RE:mojojo
http://rereremojojo.oops.jp
●CANDY
http://candynippon.blogspot.com/


その後は、先日ヨーロッパより帰国してきた当サイト編集長カイザーさんとTOKYO L GIRLS SNAPでもお馴染みの写真家の戸崎美和さんと、MOTEL#203へ行きました。続きは、明日お届けします。お楽しみに!




08.10.12




Asami

* Japanese posts precede their corresponding English translations. For English, click here or <English> in the left-side menu.

こんにちは、エディター&バイヤーの浅海です。

8月からオープンしましたTokyo Wrestlingオンラインショップ

大好評につきSOLD OUT状態の商品なども早速いくつかでてきておりましたが、
やっと再入荷致しましたのでお知らせです!

【再入荷アイテム】

DYKE ガールズブリーフ(black)
★ RIGGED Out/fitters DYKEガールズブリーフ


Titties'n'Beer!  Tシャツ(black)
★SEW-GAY Titties'n'Beer! Tシャツ

DYKEガールズブリーフはとくに人気で、同シリーズのFemmeガールズブリーフとセットでお買いあげされるお客様が多くて、カップルに人気なようです!

スタイリストのPERIちゃんも愛用してくれています!

PERIちゃん/DYKEガールズブリーフ

その他新商品もアメリカから続々入荷中ですので、また追ってここでもご紹介したいと思います。お楽しみに!


★Tokyo Wrestlingオンラインショップはこちら



08.10.09




Y.keiser2008

* Japanese posts precede their corresponding English translations. For English, click here or <English> in the left-side menu.

スイス/レマン湖
※スイス・ジュネーブにある、レマン湖  

★スイスのシーンについての本記事は、こちら

こんにちは! チーフエディターのカイザーです。

前回は、デンマーク・コペンハーゲンについて書きましたが、その後スイス・フランス語圏のジュネーブに移動し、カフェ・バー、クラブイベントなど、いろいろとクィアな場所を堪能してきました。その中から、詳しいレポートをお届けする前にまず先駆けでイベントについてここでも少しご紹介を。

国際都市ジュネーブから電車で40分ほど離れた、同じくフランス語圏の街ローザンヌ。
ブルジョワな印象が強いジュネーブと比べ、ローザンヌは比較的オルタナティブ&アーティスティックなテイストの街で、中でも「ル・ロマンディ」(Le Romandie)は、地元のロック界では名高いライブ・クラブハウス。

KILL YOUR IDOLS
※10月4日に開催されたクィアロック・パーティ、「KILL YOUR IDOLS」のポスター。ゲストは、MOSH MOSH というスイス/ドイツのユニット。

このル・ロマンディは、とくにクィアなイベントスペースではないのですが、数年前からそこで「KILL YOUR IDOLS」という、開催当初から評判が高かったホットなクィアロック・パーティが隔月で開催されているのです。そこではクィアでロックなライブやショーが催されるのですが、お客はレズビアン、ゲイ、クィア、ストレートが同じ割合でミックスしているのが特徴的です。音楽のジャンルは、エレクトロ/テクノ/ロック/オルタナティブ。


スイス/ル・ロマンディ/KILL YOUR IDOLS
※10月4日の「KILL YOUR IDOLS」は、今回も満員で大成功。


その主催者は、以前当サイトでもインタビューを行った超クールなダイクのグループ、レ・フィー・ザフランシー。このグループは惜しくも最近解散してしまいましたが、大人気イベント「KILL YOUR IDOLS」だけは継続することにしたそうです。

★レ・フィー・ザフランシーのインタビュー記事は、こちら

★レ・フィー・ザフランシー 、MOSH MOSH & ル・ロマンディ のオフィシャルサイトはこちら↓

www.lesfillesaffranchies.com
www.myspace.com/moshmosh2000
www.leromandie.ch


★Tokyo Wrestlingのホームページは、こちら



08.10.07




<Entertainment>

* Japanese posts precede their corresponding English translations. For English, click here or <English> in the left-side menu.

米ロック歌手のメリッサ・エスリッジ『Lの世界』でもゲスト出演を果たしている女優のタミー・リン・マイケルズが長年の交際を経て、正式に同性婚を行うことをエンターテイメントマガジン「EXTRA」のインタビューでエスリッジが先日語った。

ふたりはすでに2003年にパートナーシップ制度でパートナーとして登録し挙式をあげていたが、今年の5月にカリフォルニア州で同性婚が合法になったため、正式に結婚することを決意した。

ふたりは現在、エスリッジの元パートナー、映画監督のジュリー・サイファーとの間につくった子どもふたりと、マイケルズが産んだ子どもふたりを一緒に育てている、6人家族。

挙式の日程はまだ公表されていないが、同性婚反対者により、11月に同性婚を禁止する投票が行われる予定のため、それまでに挙式を行うのではと言われている。

先日行われた、コメディアンのエレン・デジェネレスと女優のポーシャ・デ・ロッシの挙式に引き続き、ふたりが結婚したら、米二つ目の女性セレブリティ同性婚の誕生となる。末永くお幸せに!



08.10.04




1