Tokyo Wrestlingエディターズの編集後記。編集にまつわる裏話や、世界をまたぐTokyo Wrestlingフレンズからのお便りを紹介。
Personal notes from our editors. Also discover postcards from TW friends around the world!
Notes personnelles des editrices. Decouvrez aussi les messages des Tokyo Wrestling friends du monde entier.













Asami

* Japanese posts precede their corresponding English translations. For English, click here or <English> in the left-side menu.

こんにちは、エディター&バイヤーの浅海です。

前回の「Thirsty Mermaid」Tシャツに引き続き、今回もTokyo Wrestlingオンラインショップで取り扱い中のブランド、『Lの世界』でも衣装デザインを手がけた「RIGGED Out/fitters」の商品をご紹介したいと思います。


今回ご紹介するのはこちら、「Queer'n'Dirty」マッスルTシャツ

RIGGED Out/fitters


タフさが肝心のダイクファッションには欠かせないアイテム、マッスルTシャツに、パンキッシュにアレンジされたヴィンテージな海賊風のスカルが魅力的なこのデザイン。


RIGGED Out/fitters


インスピレーションをデザイナーのパリサに聞いてみたところ、まずインパクト大なこのフレーズ「Queer'n'Dirty」とは、意味はそのまま、自分が「クィア&ダーティ」であることを胸をはってアピールする皮肉たっぷりのメッセージ。自分のセクシュアリティにプライドを持ち、あえてそれをわざわざTシャツにプリントし開き直って公表するといった、アメリカならではのエンパワメント的なアティチュードが感じられるユーモラスなこのデザイン。

さらに、そんな姿勢を、海賊の「ならず者」のイメージと掛け合わせ、米ダイクカルチャー的ヴィンテージ且つひねりの効いたテイストに仕上がっている。

本国アメリカではゲイ男性の間でも人気のこの商品。メンズサイズもありますので、セクシュアリティ/ジェンダー問わず「我こそはクィア&ダーティ!」という人には是非着こなしてもらいたい逸品です(笑)。

『Lの世界』の撮影現場に招待され、実際に女優たちと過ごす中で衣装デザインを作り上げたデザイナー、パリサ・パルニアンが手がける「RIGGED Out/fitters」。
今後も目が離せません!


★商品の詳細はこちら

★『Lの世界』で衣装デザインを担当したブランド「RIGGED Out/fitters」デザイナー、パリサ・パルニアンのインタビューはこちら



08.11.03


«ListB「抱かれたいレズビアン・キャラクター」 | INFO index | カリフォルニア州で同性婚を禁じる州憲法改正案が可決»