Tokyo Wrestlingエディターズの編集後記。編集にまつわる裏話や、世界をまたぐTokyo Wrestlingフレンズからのお便りを紹介。
Personal notes from our editors. Also discover postcards from TW friends around the world!
Notes personnelles des editrices. Decouvrez aussi les messages des Tokyo Wrestling friends du monde entier.













Kondou Hisako

* Japanese posts precede their corresponding English translations. For English, click here or <English> in the left-side menu.

『ストレートじゃいられない』

みなさん、こんにちは。コントリビューター・ライターの近藤です。

前回に引き続き、東京国際レズビアン&ゲイ映画祭2009の作品をひとつご紹介したいと思います。

〈海外レズビアン作品〉のなかから、今回の映画祭のクロージング作品としてフィナーレを飾る『ストレートじゃいられない』。タイトルそのものにドラマを感じますが、その原題もかなりユーモアのあるタイトルです。「I can’t think straight」は、英語で「まともに頭が働かない、考えられない」という有名な表現で、異性愛者の「ストレート」とかけているジョーク的な表現なんです。なので、海外のゲイカルチャーでよく使われているフレーズです!

本作は、“ロンドン在住のパレスチナ系ヨルダン人でクリスチャンの女性”と“インド系イギリス人でイスラム教徒の女性”という異なった文化で育った2人の女性が、お互いの価値観や愛と責任の狭間をさまよいながらも交差してゆく様子を感動的に描いています。笑いあり、チャームあり、ユーモアありのロマンチック・コメディーで、セクシュアリティに関係なく、万人に共通するテーマが主軸となっています。この映画は、イスラエルの都市・テルアビブの映画祭で上映されることになり、さらにロンドンのパレスチナ映画祭でも上映が検討されていることからも、異文化の壁を超えた画期的な作品なのだということを証明しているのでは。今回は一度きりの上映なので、絶対にお見逃しなく!

邦題:ストレートじゃいられない
原題:I Can't Think Straight
監督名:シャミン・サリフ
製作年:2008年
製作国:イギリス
時間:80分
上映:7月20日(月・祝)19:30 ~ @スパイラルホール

★東京国際レズビアン&ゲイ映画祭2009のオフィシャルサイト↓
tokyo-lgff.org/

東京国際レズビアン&ゲイ映画祭


09.07.07


«東京国際レズビアン&ゲイ映画祭09ピックアップ1! | INFO index | 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭09ピックアップ3!»