Tokyo Wrestlingエディターズの編集後記。編集にまつわる裏話や、世界をまたぐTokyo Wrestlingフレンズからのお便りを紹介。
Personal notes from our editors. Also discover postcards from TW friends around the world!
Notes personnelles des editrices. Decouvrez aussi les messages des Tokyo Wrestling friends du monde entier.













Kondou Hisako

* Japanese posts precede their corresponding English translations. For English, click here or <English> in the left-side menu.

『砂漠の少女たち - Seeds of Summer-』
※アジアンクィア映画祭2009のなかで上映された映画『砂漠の少女たち - Seeds of Summer-』

みなさんこんにちは、コントリビューター・ライターの近藤です。

今回は、9月19日(土)から開催されている、アジアンクィア映画祭2009のなかで上映された『砂漠の少女たち - Seeds of Summer-』を観てきましたので、ご報告したいと思います。

本作は、イスラエル国防軍の過酷な訓練に参加した少女たちの姿を、66日間にわたって追いかけ、彼女たちの生活や人間関係を捉えたドキュメンタリーです。カメラを通して監督と登場人物との間の距離を少しずつ縮めながら、そこに流れている感情の変化も映し出している所がとくに印象的かつ魅力的でした。

そんな繊細なドキュメンタリーを撮ったのは、実際にイスラエル国防軍の女性兵士用の訓練過程を受けたヘン・ラスカー監督。監督が初めて女性に恋をしたという軍隊に、訓練終了後から7年後に再び訪れて、いま実際に訓練を受けている少女たちの現実世界を追いかけていきます。

女性しかいない、そして家族や恋人から隔離された環境で、厳格な規定に基づいた生活を送る若い少女たち。そんな極限のなかで、部隊長に憧れたり、つねに行動をともにしている同僚へ家族のような特別な感情が生まれてくる様子を温かいまなざしで伝えています。

さまざまな疑問を投げかけながら進行し、監督自身がこの作品を通して「自分探しの旅」をされているようです。貴重な映像とドキュメンタリーならではのリアルな世界が追体験できる本作では、監督と一緒に観ているわたしたちも自分探しの旅ができるのでは。

本作以外にも他では観ることのできない作品ばかりなので、是非この貴重な映画祭に足を運んでみてくださいね!

アジアンクィア映画祭

●アジアンクィア映画祭2009
●~9月23日(水・祝)
主催:AQFF運営事務局
AQFF公式サイト:http://aqff.jp/
●チケット券種・料金
1日1回券/1,300円(税込)
当日1日券/6,000円(税込/5プログラム分)
※当日1日券は各日、先着5名様限定販売となります。
※前売券のお取り扱いはございません。何卒ご了承下さい。

★AQFFの主催者のインタビューは、こちら


09.09.20


«ジム・ジャームッシュ監督の最新作! | INFO index | ラテンビート映画祭開幕!»