Tokyo Wrestlingエディターズの編集後記。編集にまつわる裏話や、世界をまたぐTokyo Wrestlingフレンズからのお便りを紹介。
Personal notes from our editors. Also discover postcards from TW friends around the world!
Notes personnelles des editrices. Decouvrez aussi les messages des Tokyo Wrestling friends du monde entier.













Archive "2010年03月"

Asami

* Japanese posts precede their corresponding English translations. For English, click here or <English> in the left-side menu.

ilil

こんにちは。エディター&バイヤーの浅海です。

以前ここでもご紹介した、今まで様々なところでゲリラスタイルのセレクトショップを展開してきたililが、3/20から高円寺キタコレビル2Fにてショップをオープンさせたのでお知らせです!

ilil

ilil

古い一軒家が改造されたような造りのキタコレビルの2Fに位置するこのショップ、実は元はお風呂場だったとか!

ilil

店内には国内外のアンダーグラウンドなデザイナーものやユーズド&リメイクものがところ狭しと並べられ、ショップディレクター/バイヤーのレイチェル・ハリス独特のファニーでエッジィなテイストで溢れています。

ilil

ilil

また、ililオリジナルのブランド"LOL"も展開し、ショップのオープンとあわせてオリジナル商品のリリースも今後積極的に行っていくのだとか!

ilil

是非チェックを!

ilil

東京都杉並区高円寺北3-4-13 GARTER 2F
every saturday & sunday 15:00~22:00


kanrenkiji.jpg

【ililリニューアルパーティ】
中目黒にあるUSED&セレクトショップililのリニューアルパーティへ行ってきたのでその様子をお届け


10.03.30




Y.keiser2009

* Japanese posts precede their corresponding English translations. For English, click here or <English> in the left-side menu.

みなさん、こんにちは。 チーフエディターのカイザーです。

先日、ル・バロンで開催されたイベント「MADEMOISELLE YULIA presents... YOICHI 」に行って参りましたので、パーティスナップをお届け。Tokyo Wrestlingでお馴染みのタフガールPELIちゃんのルックスが特別可愛かったです!


「MADEMOISELLE YULIA presents... YOICHI 」

「MADEMOISELLE YULIA presents... YOICHI 」Le Baron

「MADEMOISELLE YULIA presents... YOICHI 」

「MADEMOISELLE YULIA presents... YOICHI 」

「MADEMOISELLE YULIA presents... YOICHI 」

「MADEMOISELLE YULIA presents... YOICHI 」


「MADEMOISELLE YULIA presents... YOICHI 」
YOICHI @ Le Baron  (3/26)
www.lebaron.jp


kanrenkiji.jpg

【パーティスナップ:PARLOUR(2月26日)】
2丁目のミックス・バー、REHABで開催されたイベントPARLOURの様子をスナップでお届け




10.03.29




Y.keiser2009

* Japanese posts precede their corresponding English translations. For English, click here or <English> in the left-side menu.

ミナ・グロース
※レズビアンとしてカミングアウトしているデンマークのシンガー兼監督のミナ・グロース。

みなさん、こんにちは。 チーフエディターのカイザーです。

今週帰国しましたが、コペンハーゲンスイスで出会ったクールダイクやクィア関連スポットをまだ紹介し終わっていないので、引き続きここで掲載したいと思います。今回は、ミナ・グロースについて。

以前TWでもご紹介したように、前回コペンハーゲンに取材に行ったときにすでにミナ・グロースに会っていたので、今回2度目の交流となりました。相変わらずユーモアとエネルギーに溢れていて、コペンハーゲンについても色々と教えてもらいました。

ミナ・グロース
※待ち合わせをしていたゲイバーOscarの帰りに、コペンハーゲンの夜の街を歩きながら、お茶目なポーズを。

そして、前回出会ったときに準備中だった、デンマーク初のレズビアンについてのドキュメンタリー映画を製作し終わっていたので、DVDをプレゼントしてもらいました。とても気になる作品だったので、感激!

DVD『Hello my name is Lesbian』
※ミナ・グロースがIben Haahr Andersenと共同制作した、デンマーク初のレズビアンについてのドキュメンタリー映画『Hello my name is Lesbian』(=こんにちは。私の名前はレズビアン)。映画のタイトルもカバーデザインも皮肉たっぷりで粋。

コペンハーゲンのゲイ&レズビアン映画祭ですでに賞を獲得しているこの作品は、50年代のデンマークでのレズビアンから現在のダイクシーンまで取り上げています。アーカイブや、19歳から84歳の様々なバックグランドの持ち主のレズビアンのインタビューを盛り込んでいる貴重な作品なのです。3人の子どもを設けている2人のお母さんや、先日ここでも少しご紹介したホットなレズビアンカップルでDJ・MC・プロダクションデュオ、Fagget Fairysのインタビューも含め、とにかく濃くてレアな内容に仕上がっているので、必見です! また、サウンドトラックも、Fagget FairysやLesbians On Ecstacyなど、今風のクールなレズビアン・ミュージシャンの曲が満載なのがナイス。東京や関西のクィア映画祭で上映されるといいですね!
 

★監督の承諾を得て、トレーラーをご紹介(デンマーク語・英語字幕)


★DVD(英語字幕・リージョンPAL0)をお買い求めご希望の方は、こちら(中央あたり)↓
http://eshop.dfi.dk/Shop


kanrenkiji.jpg

【コペンハーゲンで最もクールなクラブ・ラウンジバー】
コペンハーゲンで最もクールなクラブ・ラウンジバー、クィアフレンドリーな「ジョリーヌ」をご紹介


10.03.28




Y.keiser2009

* Japanese posts precede their corresponding English translations. For English, click here or <English> in the left-side menu.

アンヌ・ミー
※コペンハーゲンで出会ったフォトグラファー・デザイナーのアンヌ・ミー。

みなさん、こんにちは。 チーフエディターのカイザーです。

前回のDJジューナ・バーンズに引き続き、今回もデンマーク・コペンハーゲンで出会ったタフガールのご紹介をしたいと思います。今回は、アンヌ・ミーについて。

彼女はフォトグラファーなのですが、サイドプロジェクトとして、Typisk Lesbisk(=典型的レズビアン)といった、Tシャツやフライヤーなどをデザインするグラフィックデザイン企画をゲイ男性と一緒に立ち上げたクールなクィアガールなのです。

前回コペンハーゲンに来た時に同企画のことを知り、デンマーク特有のミニマルでスタイリッシュなセンスを活かしたこのプロジェクトに興味津々でしたので、今回彼女にやっと出会えて光栄でした。

それで、以前取り上げたコペンハーゲンのゲイ・カフェバーOscarで彼女と、次回ご紹介予定のミナ・グロースと一緒に待ち合わせをしました。夜に同カフェに行きましたので、昼間に行った前回以上に賑わっていて、レズビアンのお客もたくさんいましたので、コペンハーゲンに立ち寄る方にはオススメの場所です!

Oscar
※コペンハーゲンのおしゃれゲイ・カフェバー、Oscar。コペンハーゲンでは自転車や徒歩の移動が多いので、カフェの前にはたくさんの自転車が。

Oscar
※前回伺った時と同様に、壁にはクィアなアーティストの作品が数々設置。TWもインスパイアされているタフなダイクの絵がナイス!

Oscar
※お手洗いに行ったら、インタビューしたDJジューナ・バーンズやFagget Fairysのイベントのポスターがちょうど貼ってあったので、ご紹介を。Fagget Fairysの写真とデザインが粋!

現在は、Typisk Lesbiskでは残念ながらグッズはもう販売されていないようですが、素敵なデザインばかりですので、興味のある方は是非チェックを。次回は、カミングアウトしているシンガー兼監督のミナ・グロースについてお伝えする予定ですので、お楽しみに!

★Typisk Lesbiskのマイスペース・アカウントページ↓
www.myspace.com/typisklesbisk

★Typisk LesbiskのオフィシャルHP↓
www.typisklesbisk.dk/


kanrenkiji.jpg

【スイス・フランス語圏のクィアスポットをピックアップ】
クィアやストレートたちも楽しめるスイス・フランス語圏のおしゃれなクィアカフェやバー、イベントなどを紹介。


10.03.22




Y.keiser2009

* Japanese posts precede their corresponding English translations. For English, click here or <English> in the left-side menu.

DJジューナ・バーンズ
※つねにクールでダイキーなルックスのDJジューナ・バーンズ。

みなさん、こんにちは。 チーフエディターのカイザーです。

前回に引き続き、出張先のヨーロッパから書いています。今回は、先日インタビューを行ったDJジューナ・バーンズについて一言を。

DJやクラブバーのブッキング・マネージャーとしてエレクトロシーンを牽引し、さらにファッションショーのDJや様々なメディアで執筆するといった、マルチに活躍するジューナ・バーンズ。彼女のマイスペース・アカウントページの写真などでもわかるかと思いますが、その超クールなスタイル&ダイクなアティチュード、そしてDJとしての確かな才能、全てがTokyo Wrestling好みのタフガール!

DJジューナ・バーンズ
※格好いいタトゥをたくさん持っているジューナ。

現在、ヨーロッパのエレクトロ・クラブシーンでは、レズビアンとしてカミングアウトしているホットなDJが急上昇中で彼女たちは音楽シーンでも注目されているのですが、ジューナ・バーンズはまさにその代表者のひとりなのです。さらに一昨年、彼女はデンマークの媒体でファッショニスタとして選ばれるなど、ファッションアイコンの座も獲得。

インタビューは、現在彼女がアーティスト、Fagget Fairysと同居している自宅で行いました。デンマークはインテリアやグラフィックデザインがおしゃれで有名ですが、彼女たちの自宅もまさにデンマーク特有のスタイリッシュでアーティな空間でした。ちなみにFagget Fairysは、超ホットなレズビアンカップルが行っているMC・DJ・プロダクションデュオで、彼女たちもそのエレクトロシーンの中心的存在のひとりです。

DJジューナ・バーンズ
※広い空間が魅力的なジューナ・バーンズの自宅にて。バックグラウンドには、現在同居しているFagget Fairysのメンバーの写真が。

今回のインタビューでとくに印象的だったのが、ジューナが「ここ数年、“レズビアンが新しいゲイ”(Lesbians are the new gays)だとよく聞くけれど、本当にそうだと思う」と言ったことでした。スタイリッシュ・レズビアンドラマ『Lの世界』がその象徴のひとつでもありますが、それまでほとんど見えなかったレズビアンたちが、ここ数年世界中でどんどんおしゃれでパワフルな存在に可視化し、我が道を貫くことなどを表しています。彼女もまさに、その今をときめくダイクたちの第一人者のひとりと感じています。

とにかく予想通りとってもホットでクールな彼女! おそろいのタトゥを彫っているラブラブ中の彼女についてもオープンに話してもらったので、後日掲載予定のインタビューをお楽しみに!

★ジューナ・バーンズのマイスペース・アカウントページ↓
www.myspace.com/djdjunabarnes

★Fagget Fairysのマイスペース・アカウントページ↓
www.myspace.com/faggetfairys


kanrenkiji.jpg

【いまをときめくビアン、ルービー・ローズ】
オーストラリアのMTVで人気プレゼンテーターを務め、レズビアンとしてもカミングアウトしているルビー・ローズ。いまをときめくビアンを紹介。


10.03.21




Y.keiser2009

* Japanese posts precede their corresponding English translations. For English, click here or <English> in the left-side menu.

TASCHEN
※観光スポットでヨーロッパ最大級に長いショッピング通りStrogetの端に位置するTASCHENのショップ。

みなさん、こんにちは。 チーフエディターのカイザーです。

前回お伝えしたとおり、デンマーク・コペンハーゲンで遊びに行ったクイアスポットや出会ったクールな人たちをこれから数回に分けてご紹介したいと思います。

今回は、アートブックを刊行していることで有名なドイツの出版社タッシェン(TASCHEN)のお店に入ったら、クィア度の高い本が多く並んでいたので、一言を。

オランダのゲイ・カルト季刊誌『BUTT』の本『BUTT BOOK』が山積みなど、店内のところどころにクィアな作品が置かれているのですが、奥の部屋の壁には、一瞬ゲイ・コーナーかと錯覚するほど、ゲイカルチャーの中心的な作品を掲載しているアートブックがずらりと並んでいました!

TASCHEN
※店の奥には、ゲイ・コーナーかと思うほどゲイアート本がたくさん販売されています。

とくに一番上の棚のゲイ度が濃いので、いくつかご紹介を。

『Tom of Finland』

中央には、フィンランド出身のゲイ・アーティストTouko Laaksonenの作品を掲載した『Tom of Finland』の本が。ご存じの方も多いかと思いますが、ゲイとしてカミングアウトしていた米・鬼才フォトグラファー、ロバート・メイプルソープと友人だった彼の作品は、ゲイエロティックやフェティッシュなテイストがとくに魅力的で一部のゲイたちに大人気です。

そしてその横に置いてあるのは、ゲイ・ポルノグラフィ制作の先駆者として知られているBob Mizerの作品を集めた本『Bob’s world』。1万人以上ものゲイ&ストレートの男性を官能的に撮ったことで有名な彼ですが、ゲイエロティックなどに興味のある方には欠かせない1冊です。ちなみに余談ですが、75年に彼は当時ボディビルダー・俳優だった、アーノルド・シュワルツェネッガー現カリフォルニア州知事の写真も撮ったそうです。シュワルツェネッガーが同性婚に賛成を示さないことなどでアメリカのゲイたちに批判されていることを思うと、皮肉な話ですが(笑)。

『Bob’s world』

このショップが常にゲイテイストが濃いのか、偶然私が行ったときにそうだったのかわかりませんが、とにかく今はかなり強いです! その他にも、耽美でキャンピーな独特の世界観が熱狂的なファンを獲得しているカルト的ゲイ映画『ピンクナルシス』(‘71)の監督ジェイムス・ビドグッドの本や、同アーティストに影響を受けた、ゲイとしてカミングアウトしている仏アーティストのピーエル&ジルや米フォトグラファーのデヴィッド・ラシャペルの巨大本なども置いてありましたので、近くに寄る機会のある方は是非立ち寄ってみては。

次回は、ヨーロッパのエレクトロシーンを牽引するレズビアンとしてカミングアウトしているクールなDJをご紹介!

★ショップ情報
Østergade 2A DK-1100 Copenhagen
℡ +45-33363437
www.taschen.com


『Tom of Finland』
【アートブック『Tom of Finland』を
タッシェンでチェック】


『Bob’s world』
【アートブック『Bob’s world』を
タッシェンでチェック】


kanrenkiji.jpg

【NYのクィアフレンドリーな本屋「Blue Stockings」】
NYのクィアフレンドリーな書店「Blue Stockings」をご紹介


10.03.17




Y.keiser2009

* Japanese posts precede their corresponding English translations. For English, click here or <English> in the left-side menu.

コペンハーゲン
※デンマークの首都コペンハーゲンにて。

みなさん、こんにちは。 チーフエディターのカイザーです。

イタリア・ミラノに続き、デンマーク・コペンハーゲンに行って参りましたので、少しご紹介をしたいと思います。

コペンハーゲン
※デンマーク特有のキュートでスタイリッシュな色合いの家が魅力的。

今回の出張中、3月にしてはヨーロッパはいつも以上に寒くて、なかでもコペンハーゲンは日本の気候に慣れている人には極寒に感じられると思います。とくに、凍るような風が歩いているときに顔に当たって辛いので、さっそく風邪を引いてしまいましたが(笑)、数人のクールなダイクに会い、インタビューしてヨーロッパを満喫しています!

コペンハーゲン
※水が凍るほど寒いけれど、絵に描いたような情緒溢れる町並み。古風な家やレストラン、バーが立ち並ぶ旧港Nyhavnは観光スポットとしても大人気です。

昨年、Tokyo Wrestlingで掲載したアウトゲームスやデンマークのシーンレポートでも伝わるかと思いますが、人口100万人ほどのコペンハーゲンは東京からして比較的小さな街ですが、ダイクシーンはおしゃれで活気に満ちているように感じます。次回から、出会ったダイクや遊びに行ったクィア関連スポットなどをご紹介する予定ですので、お楽しみに!

コペンハーゲン


kanrenkiji.jpg

【アウトゲームス&コペンハーゲンのクィアスポット】
デンマークの首都コペンハーゲンで開催予定のLGBTのオリンピック&文化祭、アウトゲームス。同イベント&おしゃれクィアスポットをご紹介。


10.03.15




Y.keiser2009

* Japanese posts precede their corresponding English translations. For English, click here or <English> in the left-side menu.

アレキサンダー・マックイーン
※ミラノのブランドショップ密集地に位置するアレキサンダー・マックイーンのショップ。

みなさん、こんにちは。 チーフエディターのカイザーです。

前回お伝えしたように、現在PRの仕事でミラノに出張中です。イタリアの出張ではいつもほとんどクィアカルチャーに携われないのですが、今回私の仕事しているショールームの近くにあるアレキサンダー・マックイーンのショップに行って参りましたので、少しご紹介したいと思いました。

同ショップは、ミラノのブランド通りモンテナポレオーネから1本左に入った道(ルイ・ヴィトンを右にするとグッチのすぐ後の道を左)に位置しています。ご存じの方も多いかと思いますが、このエリアはシャネルやディオール、ミュウミュウ、エルメスなどハイブランドが全て密集している、ショッピング好きには夢のような地域なのです。

私も毎回出張中は、アポイントの間を縫ってアレキサンダー・マックイーンのお店などにも行っていたのですが、今回はTokyo Wrestlingでもお伝えした訃報の後ということもあってか、お店にはいつもよりお客が入っていて、オペラやリストの音楽がBGMに流れている店内は厳粛な空気が漂っているように感じました。

アレキサンダー・マックイーン
※ウィンドーには、彼の早すぎる死を悔やむかのような記念碑が。

さらに、ウィンドーには彼の名前(Leeを含む本名)と記念碑が書かれていて、誰もが彼の早すぎる死を悲しんでいるのが伝わりました。(※名前の後に書いてある「CBE」は、彼が2003年にエリザベス女王から授与された名誉大英勲章CBE(Most Excellent Commander of The British Empire)のこと。)

ちなみに私がショップに行ったときは、マックイーン・ファンと見られる全身黒ずくめのアジア系のおしゃれなゲイ2人組と、ショートカットでボーダーを着ているボーイッシュなアジア系のレズビアンがいました。彼らがクィアかどうかは直接確かめたわけではありませんが、私の80%以上当たるゲイダーによると(笑)、彼らはクィアだと思います!

ミラノに立ち寄る方は是非行ってみては!

★ショップINFO
Via Verri 8 MILANO
℡ +39 0276003374
www.alexandermcqueen.com/

kanrenkiji.jpg
【アレキサンダー・マックイーンの訃報】
2月11日に、オープンリーゲイのイギリス屈指の気鋭ファッションデザイナー、アレキサンダー・マックイーンが自宅で死亡していたという悲しいご報告を


10.03.11




Y.keiser2009

* Japanese posts precede their corresponding English translations. For English, click here or <English> in the left-side menu.

PARLOUR

みなさん、こんにちは。 チーフエディターのカイザーです。

ミラノの出張前に、2丁目でのミックス・バーREHABで開催されていたイベントPARLOURに行って参りましたので、今回そのパーティで撮ったスナップをいくつかピックアップしてお届けします。

以前Tokyo Wrestlingでもご紹介しましたが、音楽もおしゃれで雰囲気もとても良いので、オススメのイベントのひとつです。次回は、3月20日(土)に西麻布328で開催予定ですので、興味のある方は是非行ってみては!

PARLOUR

PARLOUR

PARLOUR

PARLOUR

PARLOUR


kanrenkiji.jpg

【新しいおしゃれイベントPARLOUR!】
2丁目開催の新しいおしゃれイベントPARLOURでカウントダウンを祝ってきたので、その様子をお届け


10.03.09




Y.keiser2009

* Japanese posts precede their corresponding English translations. For English, click here or <English> in the left-side menu.

Italy

みなさん、こんにちは。 チーフエディターのカイザーです。

突然ですが、土曜日からイタリア・ミラノに出張に来ています! Tokyo Wrestlingとは別に、フリーランスでPRやインポート会社のコンサルタントの仕事も行っているので、年に2回はヨーロッパに出張が決まっていて、今回もその関係で来ています。

そんなワケで今回のイタリアではクィアな取材は残念ながらできなさそうですが(笑)、その後デンマーク・コペンハーゲンと実家のスイスに行く予定ですので、そこでは地元のダイクに会えるかと思います。
また写真などを掲載していきますので、興味のある方はお楽しみに!



10.03.01




1